クイズ|十種競技|トレンド

トレンドクイズ テーマ:検察【トレンド vol.10】

【問1】

2020年5月に改正が審議され話題となった、検察官の定年は何歳?

【問2】

検察官で、捜査や公判の経歴が長い人物を「現場派」というのに対し、法務省の在籍期間が長い人物を法務省の外壁から「何派」という?

【問3】

高等検察庁が置かれている8つの都市は東京、大阪、名古屋、福岡、広島、仙台、札幌とどこ?

【問4】

「晩秋の厳しい霜と、極暑の日射し」を意味する、検察官のバッジの通称にもなっている四字熟語は何?

【問5】

2019年時点の全国の検察官の人数はおよそ何人?
①2000人  ②4000人  ③6000人

(答えは下にあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【答え】

【問1】

63歳

【問2】

赤煉瓦派

【問3】

高松市

【問4】

秋霜烈日

秋霜烈日は問題文の意味から転じて「刑罰・権威が厳しくおごそかであること」という意味があります。

検察バッジ

【問5】

①2000人

1976人。うち男性が約75%を占めており、女性の人材が不足しているといわれます。

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP