よみもの|コラム|モミジ院長のリカバリー日記
vol.32

モミジ院長のリカバリー日記第32回

(続き)と、そこへ。
N氏だ。
じゃんけんで勝ったのだ!!
やったぁ。二人で喜んだ。
この旅で唯一の知り合い、だ。
知り合いと言うのはおこがましいけど。東京ドームでお会いしたのが最初で、それまでは一方的にテレビで知っていただけなので。
N氏=能勢氏。
カンの良い読者なら、すでに分かっていたであろう。
(時を隔てた今、30年近く交流が続いていて、現在も上京するたびにお会いしている大事な友人の一人である。ここからは、通常通り、能勢君とさせていただくことを許してほしい。)
二人は、ジャンケンで勝てたことが嬉しすぎて、それまで全く語らなかったのだが、ジャンケンの必勝法について語り合った。
能勢君の戦略は出だしの部分で若干違っていたが、他のところはほぼ同じだったので、びっくりした。
3回勝負のジャンケンはやはり「2/3の法則」だな、とそのとき確信した。
そして、このとき、能勢君と僕はある約束をしたのだった。
第1回FNSクイズ王決定戦の予選を通過したのは能勢君と僕だけだったので、ニューヨークに行く可能性がある人間の一人として、僕を認識してくれたのであろうか。それは分からないのだが、能勢君からこういう言い回しで頼まれた。
「もし、自分が途中で落ちるようなことがあったら、森さん、ニューヨークまでの未放送問題をすべて残してほしい」と。

テーマ問題【推理小説②】

問題 9  小説『モルグ街の殺人』『マリーロジェの秘密』『盗まれた手紙』の三作のみに登場する、アメリカの作家エドガー・アラン・ポーが生んだ、世界初の名探偵は誰?
問題10 小説『長いお別れ』の中でのセリフ「ギムレットには早すぎる」で知られる、レイモンド・チャンドラーが生んだ名探偵は誰?
問題11 モーリス・ルブランが生んだ「怪盗アルセーヌ・ルパン」。さて、常に愛用しているため「ルパンの代名詞」ともいえる、レンズが片方しかない眼鏡を何と言う?
問題12 マシュー・フィリップ・シールが生んだ「プリンス・ザレスキー」や「隅の老人」が代表的な、現場には直接行かず、情報のみで事件を推理し解決に導いていく探偵を「何探偵」と言う?
問題13 マザーグースの中の「10人のインディアンの少年」と言う子守唄のとおりに10人の登場人物が一人ずつ殺されてゆくという内容の、アガサ・クリスティの推理小説は何?
問題14 小栗虫太郎の『黒死館殺人事件』、夢野久作の『ドグラマグラ』とともに「日本三大奇書」と呼ばれる、中井英夫の推理小説は何?
問題15 「おみゃあさんよぉ」と名古屋弁でまくしたてるのが特徴の、和久俊三の小説『赤かぶ検事』シリーズにおける主人公の検察官の名前は何?
問題16 ニューヨーク市をモデルとした、エド・マクベインの小説『87分署』シリーズで、物語の舞台となる架空の都市は何?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解【推理小説②】
問 9 オーギュスト・デュパン(パリのフォブール・サンジェルマンのデュノ街33番地に住む。)
問 10 フィリップ・マーロウ(マーロウの名前の由来は、作者のチャンドラーが在籍したロンドンのダリッジ・カレッジの寮の名前。ローレル・キャリオン地区のユッカ街に住んでいる。『大いなる眠り』で初登場。名セリフで、「男はタフでなければ生きてはいけない。優しくなくては生きている資格はない」が登場するのは『プレイバック』。「さよならを言うのは少し死ぬことだ」は『長いお別れ』。「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」は『大いなる眠り』にて登場。)
問 11 モノクル(愛用者としては、トリスタン・ツァラ、カール・マルクス、オースティン・チェンバレン、フリッツ・ラング、アルフォンス・ドーデ)
問 12 安楽椅子探偵(安楽椅子探偵であるはずのプリンス・ザレスキーが現場に行って解決した唯一の事件は『S・S』)
問 13 『そして誰もいなくなった』(これまでに1億冊以上と史上最も多く売り上げた推理小説。「クローズド・サークル」の作品。元々、舞台となる島は「インディアン島」であったが、2010年の青木久恵訳クリスティー文庫版では、差別的な表現と言うことで改編され「兵隊島」となった。)
問 14 『虚無への供物』(執筆当初、「塔昌夫」名義であった。タイトルは、ポール・ヴァレリーの『失われた美酒』の一節からとられている。氷沼家で起こる密室殺人事件。)
問 15 柊茂(ひいらぎ・しげる、弁護士・衣笠智子と法廷で激論の真っ最中に好物の「赤かぶ漬物」をまき散らしてしまい、それ以降、「赤かぶ検事」と呼ばれるようになった。『疑わしきは罰せよ』が「赤かぶ検事」シリーズの第1作。作者の和久俊三自身は京都大学を卒業後、弁護士になっている。)
問 16 アイソラ(アイソラ市は、ニューヨーク市を90度右に倒した形状となっている。主人公はスティーブ・キャレラ二級刑事)

徳山静養院 院長
森隆徳

学生時代、クイズ番組の出場経験があり、広島でクイズサークル「モミジQ楽部」を友人と立ち上げた。精神科医になり、元祖クイズドクターとしてテレビ番組への出場、自身の大会を開催するなどクイズ活動を行う傍ら、医療の中でクイズを使った活動を行い注目を集めている。

モミジ院長のリカバリー日記第71回

モミジ院長のリカバリー日記

モミジ院長のリカバリー日記第70回

モミジ院長のリカバリー日記

モミジ院長のリカバリー日記第69回

モミジ院長のリカバリー日記

モミジ院長のリカバリー日記第68回

モミジ院長のリカバリー日記

モミジ院長のリカバリー日記第67回

モミジ院長のリカバリー日記

モミジ院長のリカバリー日記第66回

モミジ院長のリカバリー日記

モミジ院長のリカバリー日記第65回

モミジ院長のリカバリー日記

モミジ院長のリカバリー日記第64回

モミジ院長のリカバリー日記

モミジ院長のリカバリー日記第63回

モミジ院長のリカバリー日記

モミジ院長のリカバリー日記第62回

モミジ院長のリカバリー日記

モミジ院長のリカバリー日記第61回

モミジ院長のリカバリー日記

モミジ院長のリカバリー日記第60回

モミジ院長のリカバリー日記

モミジ院長のリカバリー日記第59回

モミジ院長のリカバリー日記

モミジ院長のリカバリー日記第58回

モミジ院長のリカバリー日記

モミジ院長のリカバリー日記第57回

モミジ院長のリカバリー日記

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
>