よみもの|特集記事

PR『クイズ王伊沢拓司に挑戦!
第3回伊沢杯 presented by知識検定』
イベントレポート

2021年1月9日(土)に『クイズ王伊沢拓司に挑戦!第3回伊沢杯 presented by知識検定』が行われました。今年で3回目を迎える人気企画ですが、今回は新型コロナウイルスの影響によりZoomを使用したオンラインでの開催となりました。進行役はクイズ芸人として知られるシューマッハの中村さん。キレの良いトークでイベントを終始盛り上げてくださいました。

 

そして、待ちに待った伊沢さんの登場。その瞬間、参加者のみなさんの笑顔が画面いっぱいに広がりました。「やっぱり“クイズ初め”を伊沢杯で行うことができると、いい1年になるのかなという気がしますね」と伊沢さん。新年の恒例行事となった伊沢杯への意気込みが伝わってきます。

『知識検定』はその名の通り、知識度を4択問題で測るもので、問題数はなんと1000問。これを5時間かけて解くという日本最大規模を誇る検定です。

ジャンルは、①ことば ②地理・歴史 ③政治・経済 ④社会 ⑤国際 ⑥自然科学 ⑦生活 ⑧スポーツ ⑨芸術 ⑩カルチャーの10に分かれ、各100問ずつが用意されています。

今年で3回目を迎える検定ですが、伊沢さんも過去2回、受検をなさっています。成績は1回目が全国19位で、2回目が3位と大躍進! 今年はさらなる飛躍を狙っているということですが、果たして!?

知識検定の概要は、こちらの公式ホームページでご確認ください。

2020年2月に行われた第2回知識検定の、伊沢拓司さんの『知歴書』です。

 

さて、今回の伊沢杯もクイズシステム『アンサータッチ®』を使用し、4択クイズを行っていきます。アンサータッチ®はご自身のスマートフォンやタブレットで参戦できるので、このようなオンラインイベントでも手軽にクイズを楽しむことができます。参加者は画面に表示されたQRコードからログインして、名前を登録すれば準備完了。

さぁ、クイズバトルの幕開けです!

 

第1ラウンドは伊沢さんの監修問題からスタート。多彩なジャンルに精通した伊沢さんらしい、バラエティに富んだ20問が用意されました。

すべての問題を終えて、いよいよ順位発表。見事1位の座に輝いたのは、けーうぃんぐさん。「途中、慎重に時間をかけてボタンを押しました」と話されていましたが、全参加者のうちただ一人の18問正解。確実な姿勢が実を結び、堂々のトップを飾りました。

第1ラウンド全問題はこちら。

 

続く第2ラウンドは伊沢さんも参加します。こちらもさまざまな分野から珍問難問が登場。もちろん、手加減はありません。意外な正解に、クイズ王からもため息が漏れるシーンも多く見られました。特に「世界6大マラソンに含まれないのは?」という問題の意外な正解には言葉を失うシーンも。
そんな波乱も巻き起こった第2ラウンドの経過を詳しくお伝えします。

この記事が気に入ったらシェア!
このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆
QUIZ BANG編集部

クイズ専門情報サイト QUIZ BANG編集部です。
定期的に雑学記事を公開していきます。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方はTwitterでフォローをお願いします。

PR【Event Report】『クイズ王 伊沢拓司に挑戦! 第2回伊沢杯』

明治時代、日本人が発見した元素は?

閲覧数:
1,475views
漫画

『このマンガがすごい!』で2年連続1位を受賞している作品は何?

閲覧数:
636views

大谷翔平もかなわない!?プロ野球歴代最強の投打二刀流選手とは?

閲覧数:
461views

富士山より高い日本一の山があった?

閲覧数:
343views
傘応援

ヤクルト名物「傘振り応援」が始まった経緯とは?

閲覧数:
310views

ディズニーは「スペースマウンテン」。それに対してUSJは?

閲覧数:
271views

タルト・タタンは何から生まれたお菓子?

閲覧数:
258views

天文学者って何をしているの?

閲覧数:
211views

プロ野球選手がもっとも好きな女性芸能人は誰?

閲覧数:
150views

ウィークエンド・シトロン”とは何のお菓子のこと?

閲覧数:
147views
十二単

平安時代の人にとっての夢ってどんなもの?

閲覧数:
128views
野球

プロ野球の「三冠王」と「トリプルスリー」。達成が困難なのはどっち?

閲覧数:
104views

地球を除く太陽系の惑星で、地球より重力が小さいのは?

閲覧数:
99views

天王星や海王星が青っぽく見えるのはなぜ?

閲覧数:
90views

「失敗すれば死あるのみ」という、現代に残る凄まじい修行とは何?

閲覧数:
86views
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP