よみもの|聞くトリビア(読む編)

お金のはなし3
【聞くトリビア 読む編part.7】

都道府県オリジナル硬貨がある。

2007年、地方自治法が施行されて60周年を迎えたことを記念し、都道府県ごとに五百円と千円のオリジナル硬貨を作ることになりました。

この硬貨には、各都道府県を代表する風物、例えば、青森県ではねぶたやりんご、広島県では厳島神社やもみじがデザインされています。

参考:地方自治法施行60周年記念貨幣(造幣局)

史上最高額面の紙幣は、10垓。

垓は万、億、兆、京の次の単位。「10垓」とは、1のあとに0が21個つく数字です。

第二次世界大戦後のハンガリーでは、インフレが進み、高額の紙幣が次々と発行されました。
最終的に準備されたのが「10垓ペンゴ」という紙幣で、これは作られたものの、結局発行されることはありませんでした。

しかし、1垓までの紙幣は実際に発行されています。なお、「10垓」の数字はアルファベットで表記されたため、紙幣のデザインに0は並びませんでした。

参考:お札と切手の博物館(国立印刷局)

裏面が真っ白のお札がある。

これは、昭和2年の金融恐慌のときに発行された「乙二百円券」で、通称を「裏白二百円券」といいます。

この年、銀行が破綻するという情報が流れ、人々が預金の引き出しに殺到する取り付け騒ぎが発生。
急遽銀行に融通するお金が必要になり、製造されたのがこの紙幣でした。
急いで作られたため、肖像はなく、裏面の印刷も省かれたというわけです。

なお、この「裏白二百円券」は約2週間しか作られず、製造期間がもっとも短かった日本の紙幣でもあります。

参考:お札と切手の博物館(国立印刷局)

コインのエリザベス女王は、歳を取る。

イギリスのエリザベス女王は、本国イギリスだけでなく、カナダやオーストラリアのコインにも肖像が描かれています。

即位したのは1952年。
長期にわたる在位期間中、コインが新しくなると、その度に新しい肖像が採用されました。

そのため、コインが製造された年代順に並べると、だんだん女王が歳をとっていくように見えます。

1シリング硬貨(1956年)

日本銀行本店を上から見ると、漢字の「円」の形をしている。

日本銀行本店は明治29年、江戸時代に金貨が作られた「金座」があった場所に完成しました。
上空から見ると、確かに「円」の形をしています。

しかし、日本銀行本店ができた当時、「円」は古い字体である、「圓」が使われていたため、これは単なる偶然の一致です。

日本銀行本店
(出典:国土地理院https://www.gsi.go.jp/kikakuchousei/kikakuchousei40182.html)

世界最大のお金の直径は、3.6m。

これは、ミクロネシア連邦に属するヤップ島という島で使われていた石のお金のことです。
石のお金は、結婚式などの特別な儀式や、不動産の売買に使われました。
真ん中には穴が空いており、棒を通して持ち運びもできました。
この石のお金、ヤップ島から寄贈された1メートルほどのサイズのものが、東京の日比谷公園で見ることができます。

日比谷公園の石貨

ピンクのブタの貯金箱は、風水的に○。

いまでもレトロ調のブタの貯金箱は一定の人気があります。
ブタは多産やたくさん食べるといったことから、風水的に縁起の良い動物とされているのです。

これは何も日本だけのことではなく、たとえばドイツでは思いがけず良い事があったときに「ブタを手に入れた(Schwein haben)」などと表現するように、幸運の象徴として扱われています。

お隣の韓国でも「ブタ」と「お金」の発音が近いこともあり、ブタが出てくる夢を見ると金持ちになるという言い伝えもあります。

なお、ブタのグッズを贈ると、贈った方がより幸福を得られるそうなので、プレゼントとしても良いかもしれません。

普通郵便でお金を送ると、罰金30万円の可能性がある。

郵便法の第17条では、現金や貴金属を普通郵便で送ることが禁止されています。
ここでは明確な罰則規定は定められていないものの、同法第84条1項には「不法に郵便に関する料金を免れ、又は他人にこれを免れさせた者は、これを三十万円以下の罰金に処する。」とあります。
現金書留は普通郵便より高くなるので、カモフラージュして普通郵便で送る人がいるかも知れませんが、30万円の罰金を考えると、ケチらず現金書留を利用した方が無難なようです。

千円札の寿命は、1~2年。

お札の寿命とひとことでいっても、券種によって差が出ます。
使用頻度の高い千円や五千円札は傷みやすいため1~2年、一万円札は4~5年といわれています。

現代のお札は人の手だけでなく、機械に通すようなことも多くなっています。
こうして徐々に傷んでいくため、順次新しいものを国立印刷局で製造していきます。

日本のお札は、横幅が微妙に違う。

何気なく財布に入れている日本の紙幣ですが、実は微妙な差があります。

一万円札はタテ76ミリ・ヨコ160ミリです。
すべての紙幣でタテはこの76ミリで統一されていますが、ヨコはというと、五千円札は156ミリ、二千円札は154ミリ、千円札は150ミリです。

なお、1枚の厚さはおよそ0.1ミリ、重さはおよそ1グラムです。

この記事が気に入ったらシェア!
このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆
QUIZ BANG編集部

クイズ専門情報サイト QUIZ BANG編集部です。
定期的に雑学記事を公開していきます。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方はTwitterでフォローをお願いします。

「ネコ」の雑学【聞くトリビア第20話 読む編】

ヒット曲の雑学【聞くトリビア第19話 読む編】

お菓子の雑学【聞くトリビア第18話 読む編】

珍スポットの雑学【聞くトリビア 読む編part.22】

違いの分かる雑学【聞くトリビア 読む編part.21】

怖い雑学【聞くトリビア 読む編part.20】

宇宙の雑学【聞くトリビア 読む編part.19】

「眠れなくなる」雑学【聞くトリビア 読む編part.18】

新幹線の雑学【聞くトリビア 読む編part.17】

偶然の雑学【聞くトリビア 読む編part.16】

映画の主人公の雑学【聞くトリビア 読む編part.15】

「日本一」の雑学【聞くトリビア 読む編part.14】

都市伝説の雑学【聞くトリビア 読む編part.13】

ライバル関係の雑学【聞くトリビア 読む編part.12】

どんでん返しの雑学【聞くトリビア 読む編part.11】

富士山より高い日本一の山があった?

閲覧数:
434views

六道の「天道」に生まれるのが良くないのは何故?

閲覧数:
360views

大谷翔平もかなわない!?プロ野球歴代最強の投打二刀流選手とは?

閲覧数:
318views

ウィークエンド・シトロン”とは何のお菓子のこと?

閲覧数:
257views
野球

プロ野球の「三冠王」と「トリプルスリー」。達成が困難なのはどっち?

閲覧数:
243views

怖い雑学【聞くトリビア 読む編part.20】

閲覧数:
215views

モミジ院長のリカバリー日記第162回「ピカソ」

モミジ院長のリカバリー日記

閲覧数:
200views
傘応援

ヤクルト名物「傘振り応援」が始まった経緯とは?

閲覧数:
159views

明治時代、日本人が発見した元素は?

閲覧数:
131views
真夏

体調が悪いとき時、お母さんがポカリを渡すのはなぜ?

閲覧数:
128views
十二単

平安時代の人にとっての夢ってどんなもの?

閲覧数:
128views

プロ野球選手がもっとも好きな女性芸能人は誰?

閲覧数:
122views

ルーヴル美術館に初めて作品が展示された日本人漫画家は誰?

閲覧数:
116views
十二単

平安時代ってどんな布団で寝ていたの?

閲覧数:
114views
英字新聞

アメリカと日本の新聞の大きな違いは?

閲覧数:
113views
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP