よみもの|雑学記事|エンタメ・カルチャー

日本にルーツを持つ「ロシアの民芸品」って何?

「日本の料理」と言われて、「天ぷら」や「寿司」を思い浮かべる人は多いことだろう。しかし実際のところ、「天ぷら」の原形は室町時代にポルトガルから伝わったとされているし、寿司ネタとして人気の「イクラ」はロシア語で「魚卵」を意味する言葉“ikra”に由来している。

このように、日本固有の文化であると思っていたものが、実は海外に起源を持っている……ということはままあるものだ。一方で、外国固有の文化と思われているものが、日本にルーツを持っている、という例も存在する。

その最たる例がロシアの民芸品「マトリョーシカ」だ。

 

木製の人形の胴体部分を開けると一回り小さい人形が入っており、その人形の胴体部分を開けると、さらに一回り小さい人形が入っており……という独特の入れ子構造で知られるマトリョーシカ。実は、はじめて作られたのは19世紀の終わりころと、比較的最近である。そのルーツは、モスクワの工房に出入りしていた職人の1人が、日本は箱根で作られた「七福神の入れ子人形」を持ってきたことにあると言われている。その「七福神の入れ子人形」をもとに、ロシア風のデザインや配色でアレンジしたものがマトリョーシカだ。

ここまで書いても、どうにも信じがたい話である。しかし、本国ロシアでは、この「マトリョーシカのルーツ日本説」を裏付けるかのようなものを見ることができる。セルギエフ・ポサードの「人形博物館」には、マトリョーシカの国産第1号とともに、箱根で作られた「七福神の入れ子人形」が飾ってあるのだ。

 

何をもって「自国の文化」を定義するかということは非常に難しい問題だが、このようにして歴史を紐解いてみると、思いもよらない面白い発見があるかもしれない。

 

※ちなみに※

「マトリョーシカ」の由来:当時のロシア人女性の名前としてポピュラーだった「マトリョーナ(Matrona)」に、親しみを表す「シカ(shka)」をつけて表したもの、とする説が一般的。

執筆
QUIZ BANG編集部

クイズ専門情報サイト QUIZ BANG編集部です。
定期的に雑学記事を公開していきます。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方は、Twitterでフォローをお願いします。

あやかし、もののけ、ホントにいるの?<日本の妖怪、国際交流に貢献>

あやかし、もののけ、ホントにいるの?<座敷わらしは良い子?悪い子?普通の子?>

漫才

吉本の芸人養成学校に入学したことがある有名漫画家は誰?

ウーロン茶を日本に定着させたアイドルは?

あやかし、もののけ、ホントにいるの?<~疫病退散!?アマビエとその仲間~>

海王星

海王星から生まれたとされるウルトラ怪獣は?

天狗

あやかし、もののけ、ホントにいるの?<日本三大妖怪とは? その3・天狗>

鬼

あやかし、もののけ、ホントにいるの?<日本三大妖怪とは? その2・鬼>

月世界旅行(1902)

月をテーマにした最初のSF文学作品は?

きゅうり

あやかし、もののけ、ホントにいるの?<日本三大妖怪とは? その1・河童>

グローブ

力石徹とラオウの共通点とは?

漫画

少女漫画家たちが暮らした女性版トキワ荘とは?

人魚

あやかし、もののけ、ホントにいるの? <人魚編 その3>

通り池

あやかし、もののけ、ホントにいるの?<人魚編 その2>

ホルスト

ホルストが作曲した組曲「惑星」で、唯一選ばれていない惑星は?

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
3