よみもの|雑学記事|歴史

石膏像コピーのおかげで、戦災で失われた後も観られる彫刻がある?

今回も、名作彫刻の石膏像コピーに関するマルバツクイズです。

以前古代〜ルネサンス期の名高い彫刻作品の「石膏像コピー」が西洋文明圏諸国の美術館のメイン展示だった時代があるというテーマのクイズをしましたが、ではその石膏像コピーが残っていたおかげで、元になった彫刻が所蔵されていた美術館が運悪く戦災に巻き込まれてしまい当該彫刻も損壊し現存していないにも関わらず、元の作品がどんなものであったかを「写真などの画像ではなく、あくまで立体の彫刻として」知ることができるケースが存在するというのは、マルでしょうかバツでしょうか?

 

 

・・・正解は、「マル」です。

 

その彫刻作品は、ルネサンス期のイタリアの彫刻家フランチェスコ・ローラナによる15世紀頃にミラノの実質的な君主であったスフォルツァ家の息女でナポリ王妃だったマリア・スフォルツァの肖像彫刻『マリア・スフォルツァ胸像』(日本では近年まで、「教材用石膏像」としては『マリエッタ・ストロッチ胸像』というフィレンツェの有力な金融業者の息女だった別人の肖像彫刻と間違われた名前で流通していました)です。

 

この像は、大理石像のオリジナル作品がベルリン美術館に所蔵されていましたが、第二次世界大戦時の爆撃で破壊されたため現存せず、他国の美術館(イギリスのヴィクトリア・アンド・アルバート美術館やロシア(当時・ソビエト連邦)のプーシキン美術館など)に所蔵され、20世紀半ば以降の美術館からの石膏像コピーの撤去・廃棄の動きの中でも廃棄されなかった(あるいは、廃棄されたが“粗大ゴミ”扱いでなく、他の美術館や教育機関などそれなりの施設で所蔵されることになった)石膏像コピーだけが残っています。

ちなみに脇本壮二氏によれば、日本で流通している『マリア・スフォルツァ胸像』の教材用石膏像はヴィクトリア・アンド・アルバート美術館所蔵の石膏像コピーに典拠するそうです。

 

なお先述した『マリエッタ・ストロッチ胸像』の“本物”も同じくベルリン美術館所蔵でしたが、損壊を免れて今もオリジナル作品がベルリン美術館にあります。

 

石膏像コピーが、このようにオリジナルの作品が戦災や自然災害などのために失われてしまった後にもその作品がどんなものであったかを知る拠り所となる形で「役に立って」しまうのは矢張り残念ですが、このケースも美術作品の失われやすさという人類への戒めとして、知っておいた方がよいでしょう。

 

また補足すると、先述したヴィクトリア・アンド・アルバート美術館は美術館からの石膏像コピーの撤去や廃棄の動きの中でもそれらの石膏像を視覚資料として展示するのを続けましたが、これを見た東京美術学校(現在の東京藝術大学)の教授で、アメリカのボストン美術館から廃棄扱いになった石膏像を東京美術学校で多く引き取った際の立役者でもある矢代幸雄は、日本でもこうした名作の聞こえのある海外の様々な彫刻作品の石膏像コピーを日本の美術館でも視覚資料として扱うべきだと指摘しています(残念ながらそれは実現されませんでしたが)。

 

 

<参考文献>

荒木慎也『石膏デッサンの100年 石膏像から学ぶ美術教育史』アートダイバー、2018

脇本壮二『石膏像図鑑』堀石膏制作、2015

 

この記事が気に入ったらシェア!
このエントリーをはてなブックマークに追加
葬儀・埋葬史及び美術史マニア
ペットセーバーベーシック・アドバンス資格所持者
せっぱつまりこ

法政大学大学院国際日本学インスティテュート修士課程修了(学術修士の学位有り)。10代前半から美術史に、16〜17歳頃から葬儀・埋葬史に強い関心を持つようになるが当時は今と違いSNSやクラウドソーシングが普及しておらず、そうしたことを活かすことができないまま年月を過ごし、紆余曲折あってウェブライターとなる。今では葬儀・埋葬史及び美術史マニアとして世に存在を証明すること&そちらの記事を書く仕事のゲットを目指している。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方はTwitterでフォローをお願いします。

世界初のプラネタリウムはどこで生まれた?

平和の女神が戦争の神を倒す神話画の、もう一つのルーツは?

パリのノートルダム大聖堂の怪物像は、実は昔はなかった?

東京・奈良・京都の国立博物館。議会で炎上したデザインなのは?

モロー作の『エウロペの誘拐』の、珍しい特徴は?

和洋折衷のギリシャ神殿風円柱のあるホテルは?

名作彫刻の石膏像コピーが、美術館のメイン展示だった時代がある?

ルネサンスの二次創作的神話画で、最高神が取り組む美術は?

寺内正毅像の、実現されなかった「神話的肖像」化のアイデアとは?

古代中国の歴史上、最も贅沢なナイフは?/中国古代史上最奢华的刀具是?

最高神の姿のベートーヴェン像。取り入れられたアトリビュートは?

平和の神が戦争の神を打ち負かす神話画の「新展開」とは?

ランス大聖堂のステンドグラスの原画を描いた20世紀の画家は?

森鴎外と高木兼寛が原因を争った病気は?

なぜ中国のお正月に髪を切らないという習慣がある?/中国的正月期间为什么有不理发的习俗?

富士山より高い日本一の山があった?

閲覧数:
783views
傘応援

ヤクルト名物「傘振り応援」が始まった経緯とは?

閲覧数:
465views

大谷翔平もかなわない!?プロ野球歴代最強の投打二刀流選手とは?

閲覧数:
274views

ウィークエンド・シトロン”とは何のお菓子のこと?

閲覧数:
262views

明治時代、日本人が発見した元素は?

閲覧数:
216views
十二単

平安時代の人にとっての夢ってどんなもの?

閲覧数:
161views
野球

プロ野球の「三冠王」と「トリプルスリー」。達成が困難なのはどっち?

閲覧数:
160views
漫画

『このマンガがすごい!』で2年連続1位を受賞している作品は何?

閲覧数:
157views

プロ野球選手がもっとも好きな女性芸能人は誰?

閲覧数:
139views

六道の「天道」に生まれるのが良くないのは何故?

閲覧数:
137views

「失敗すれば死あるのみ」という、現代に残る凄まじい修行とは何?

閲覧数:
121views
英字新聞

アメリカと日本の新聞の大きな違いは?

閲覧数:
106views

天王星や海王星が青っぽく見えるのはなぜ?

閲覧数:
105views

甲骨文字って何に使われていたの?

閲覧数:
95views
真夏

体調が悪いとき時、お母さんがポカリを渡すのはなぜ?

閲覧数:
93views
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP