よみもの|雑学記事|歴史

平和の神が戦争の神を討伐する神話画は、19世紀にどうなった?

平和の神が戦争の神を討伐する神話画は、19世紀にどうなった?

 

ギリシャ神話の登場人物を題材にした(但し、後世に作られたいわば二次創作的ストーリーを描いた)西洋美術の中でも特にバロック〜ロココ時代に人気だった「知恵と平和の女神アテナが、戦争の神アレスを打ち負かして平和を守る」というテーマ(補足すると、古代神話でのアテナは「より犠牲を少なくする戦略的な、時には直接の武力によらないこともある戦い(一言でいえば、「孫子の兵法」的な戦い)の神」ではあっても「戦い自体を積極的に止める平和の神」としての面は、時代背景もあり余りありません)は、その後の新古典主義時代以降になるとほとんど描かれなくなります。

 

しかし、この「アテナのアレス討伐」のテーマは実は、(古代神話のというよりは二次創作的作品の)アテナ及びアレスのいわば「派生キャラ」というべきキャラクターの登場する作品に受け継がれていました。

但し、近代に突入していたこともあり最早前近代のような勧善懲悪ストーリーではなく、好ましい状態も永遠には続かないという一種の無常観をテーマとした今までとは大きく異なる作品ではありますが。

 

そのアテナとアレスの「派生キャラ」は、イギリス出身でアメリカに帰化したロマン主義の画家トマス・コールによって描かれていますが、ここでクイズです。コールによる「アテナとアレスの派生キャラ」は、一体どんなものでしょうか(今回は自由回答です)。

 

 

・・・正解は、「画中の彫像」です。

「アテナとアレスの派生キャラとしての画中の彫像」は、コールが1833〜36年に描いた5枚1組の連作『帝国の推移』に登場します。

ローマ帝国をイメージしたとある架空の古代文明帝国の誕生から遺跡化までを同じ地点から見た光景として描いた作品ですが、近代国家として急速に発展し繁栄におごるアメリカへの警告としての側面もあったといわれます。いってみれば、『帝国の推移』はある意味では「元のキャラクターの派生キャラが登場するが、元作品とは全く違う(もっというと、その派生キャラがより過酷な運命に見舞われる)世界観の作品としての二次創作あるいは三次創作(わかりやすいイメージとして比較的メジャーなところでは、「実装石」や「東方ゆっくり(特にいわゆる「ゆ虐」とよばれるジャンル)」(ご存じでない皆様には検索エンジンでのキーワード検索をお勧めしますが、いささかショッキングな表現があるので注意です)のようなものがあります)」なわけです。

 

『帝国の推移』の3枚目『繁栄』と4枚目『衰退』にその彫像は登場しますが、「アテナの派生キャラ」と「アレスの派生キャラ」は同じ画面には登場しません。

『帝国の推移』3枚目
『帝国の推移』4枚目

平和の中で最盛期を迎える帝国の都を描いた『繁栄』をよく見ると、平和の神と思われる(その理由については後述します)像(=アテナの派生キャラ。以下「平和の神像」)が建っています。一方敵軍(帝国に敵対する国の軍か、あるいは帝国内の被抑圧層の反乱軍と考えられます)に攻め込まれて炎上する都を描く『衰退』では、盾を構える戦争の神らしい像(=アレスの派生キャラ。以下「戦争の神像」)が目立つ位置に建っています。

 

重要なのは『繁栄』の時点では戦争の神像はまだ建っておらず、『衰退』では平和の神像は既に撤去されている(戦争の神像は破損しているもののまだ辛うじて建っている点などからして、戦いで破壊された可能性は低いです)点です。そしてこの描写こそが、この2つの像を平和の神及び戦争の神であるとの解釈を可能にする点です。

 

つまり『繁栄』の時点では平和の神を信仰して平和的統治を尊ぶ価値観の時代だったが、『衰退』の直前になると戦争の神を信仰して平和の神への信仰を捨て(そして政治的にも武力による国力増大を良しとして)、帝国は(恐らく帝国によって武力侵攻を受けた)他の国か自国内の被抑圧層から恨まれ、武力攻撃を受け衰退する結果となった、ということです。

 

要するに今までの「アテナのアレス討伐」とは真逆のテーマなわけですが、矢張り現実には「平和の神が戦争の神を成敗し、めでたしめでたし」とはいかないということと、そして一見様々なことがうまくいっていてもこのまま現状肯定してばかりではいけないという思いを端的に表現した作品だといえるでしょう。

 

 

<参考文献>

解説・監修海野弘『ファンタジーとSF・スチームパンクの世界』パイ インターナショナル、2017

この記事が気に入ったらシェア!
このエントリーをはてなブックマークに追加
葬儀・埋葬史及び美術史マニア
ペットセーバーベーシック・アドバンス資格所持者
せっぱつまりこ

法政大学大学院国際日本学インスティテュート修士課程修了(学術修士の学位有り)。10代前半から美術史に、16〜17歳頃から葬儀・埋葬史に強い関心を持つようになるが当時は今と違いSNSやクラウドソーシングが普及しておらず、そうしたことを活かすことができないまま年月を過ごし、紆余曲折あってウェブライターとなる。今では葬儀・埋葬史及び美術史マニアとして世に存在を証明すること&そちらの記事を書く仕事のゲットを目指している。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方はTwitterでフォローをお願いします。

『ヘラクレスとオンファーレ』の描かれ方の劇的な変遷とは?

ダナエ像がしばしば青や赤の布に取り囲まれて描かれるわけは?

最高神の姿のベートーヴェン像で表現された新しい最高神イメージは?

ギリシャ神話の神同士の裁判で重要な、当時の死者と縁の深いものは?

運命の三女神の「海の妖精の眷族」イメージはいつ頃から?

中世の教会建築で、古代神殿風の円柱装飾はどう受け継がれた?

世界初のプラネタリウムはどこで生まれた?

平和の女神が戦争の神を倒す神話画の、もう一つのルーツは?

パリのノートルダム大聖堂の怪物像は、実は昔はなかった?

東京・奈良・京都の国立博物館。議会で炎上したデザインなのは?

石膏像コピーのおかげで、戦災で失われた後も観られる彫刻がある?

モロー作の『エウロペの誘拐』の、珍しい特徴は?

和洋折衷のギリシャ神殿風円柱のあるホテルは?

名作彫刻の石膏像コピーが、美術館のメイン展示だった時代がある?

ルネサンスの二次創作的神話画で、最高神が取り組む美術は?

富士山より高い日本一の山があった?

閲覧数:
1,010views
傘応援

ヤクルト名物「傘振り応援」が始まった経緯とは?

閲覧数:
820views

ウィークエンド・シトロン”とは何のお菓子のこと?

閲覧数:
650views

ルーヴル美術館に初めて作品が展示された日本人漫画家は誰?

閲覧数:
310views

六道の「天道」に生まれるのが良くないのは何故?

閲覧数:
310views
太陽系

太陽系の惑星のうち、一番傾いているのは?

閲覧数:
300views

モミジ院長のリカバリー日記第166回

モミジ院長のリカバリー日記

閲覧数:
300views

地球を除く太陽系の惑星で、地球より重力が小さいのは?

閲覧数:
250views

五円玉の中央には×××がある【イラスト雑学part.14】

閲覧数:
250views

プロ野球選手がもっとも好きな女性芸能人は誰?

閲覧数:
240views
野球

プロ野球の「三冠王」と「トリプルスリー」。達成が困難なのはどっち?

閲覧数:
220views

地球から一番近い恒星は太陽、では2番目に近い恒星は?

閲覧数:
210views
十二単

平安時代の人にとっての夢ってどんなもの?

閲覧数:
200views

モミジ院長のリカバリー日記第161回「ピカソ」

モミジ院長のリカバリー日記

閲覧数:
200views
十二単

平安時代ってどんな布団で寝ていたの?

閲覧数:
190views
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP