よみもの|雑学記事|生活

クレジットカードの「VISA」って何の略?

2019年の「ギャル流行語大賞」で大賞を受賞したのは「KP(ケーピー)」という単語だった。意味は「乾杯」、つまり「K(乾) P(杯)」である。そこからさかのぼること一回り、2007年には、本家(?)の「新語・流行語大賞」に「KY」という単語がノミネートされていた。「K(空気) Y(読めない)」という意味である。

このように、世の中には「アルファベットの略語」、とりわけ「頭字語」があふれている。「頭字語」とは、「その言葉を構成する単語の頭文字を繋げて作られる単語」のことだ。「ASEAN(Association of South‐East Asian Nations, 東南アジア諸国連合)」や「ASAP(as soon as possible, できるだけ早く)」などは、目にする機会も多いだろう。

 

そんな頭字語界で指折りにユニークなのが、クレジットカードでおなじみの「VISA」である。略さずに記すと“Visa International Service Association”、日本語では「Visa国際サービス協会」とでも表すことになるだろう。

さて、お気づきだろうか? 「VISA」は略称であると同時に、正式名称を構成する単語の1つなのである。略称としての「VISA」を説明するために“Visa”という単語を使用しなければならない。このような構造を持つ単語を「再帰的頭字語」という。

 

一方、頭字語のように見えて頭字語でないものも存在する。「SOS」がその最たる例だ。難破した船が助けを求める際の信号として使われた「SOS」であるが、もともとは、モールス信号で打ちやすい文字(・ ・ ・ ― ― ― ・ ・ ・)であったことから使われていたにすぎない。しかしこれが「Save Our Ships」の略語であるという説が誕生し、広まってしまったというのである。

特別な意味のない文字列すらも「なにかの略語だろう」と感じてしまうあたり、「省略の文化」は、国や時代を問わず息づいていると言えそうだ。

執筆
QUIZ BANG編集部

クイズ専門情報サイト QUIZ BANG編集部です。
定期的に雑学記事を公開していきます。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方は、Twitterでフォローをお願いします。

北里柴三郎

2024年度からの新1000円紙幣の肖像「北里柴三郎」ってどんな人物?

コック帽

シェフのトレードマーク 長い帽子の名前って何?

ラーメン業界で初めてミシュラン1つ星を獲得した店はどこ?

真夏

体調が悪いとき時、お母さんがポカリを渡すのはなぜ?

千円札

お札を印刷して捕まった芥川賞作家って誰?

赤飯

春から夏にかけてある「施餓鬼」とは何に由来するもの?

パン

美味しさのひみつ こんがり狐色ってなんのこと?

東池袋大勝軒

“ラーメンの神様”と呼ばれる人物とは?

送り火

お盆とは何に由来するもの?

ジューンブライド

ドイツの結婚式で、夫婦の共同作業として切る習慣があるものは?

ノルウェーは2月、イギリスは主に3月、日本は5月。さて何の日?

ドイツで「野菜の王」「食べる象牙」「白い黄金」という春の味覚は?

カナダで紙幣の肖像になった日本出身女性とは?

ドイツ0、イタリア2、オランダ3、フランスは最大5、何の回数?

お屠蘇って何が入っているの?

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
3