よみもの|雑学記事|ことば・文学

「森」と「林」は、元々どちらも「○○」だった?

「森」と「林」。どちらも小学一年生で習う漢字だが、違いを説明すると奥が深い。

 

最初に言ってしまうが、広辞苑では「森:樹木が茂り立つ所」「林:樹木の群がり生えた所」と、違いがまるでない。共通語の辞書的な意味に限れば、両者の明確な違いはないのだ。

 

ところで、『日本言語地図(1966~74)』における全国的な方言調査で、両者はどのような質問項目になっているだろう?

 

森 「お宮の境内などに木が一カ所に集まってこんもりと生えている場所のことを何と言いますか。」

林 「木が一町歩も二町歩も生えている揚所のことを何と言いますか。そこへ行ってたきぎを拾ったりします。」

 

まず前提として、「あなたの方言で『森』は何と言いますか?」と聞くのは誤誘導になるので、こういうまどろっこしい言い方になるわけだが、

おもしろいことに、前者で「ハヤシ」もしくは後者で「モリ」と答えた人はほとんどいない。全国的に、使い分けに関して一定の共通認識があったようである。

 

ところで、「森」「林」いずれの項目にも頻出したもう一つの表現がある。それが「ヤマ」だ。周圏分布という分布の特徴から、両者はいずれも元々「ヤマ」と呼ばれていたと考えられる。

 

山は、各地に「御岳」と呼ばれるものがあるように、昔は信仰の対象だった。森も、広辞苑の第二義に「特に神社のある地の木立」とあり、『万葉集』には「神社」や「社」をモリと読む例もあるらしい。ヤマのうち、こうした信仰的意味合いを持つ木々の密集地が、のちに「モリ」と呼ばれるようになった。一説にモリの語源と言われる「盛り」は、「山」とかなり近いニュアンスだ。

 

一方、林の語源は「生やし」だ。地域によっては、植林したところを「ハヤシ」、自生しているところを「ヤマ」と使い分けてきた。現代では、「天然林」「人工林」という語があるようにこの区別は当てはまらないが、単一種の木が揃う「スギ林」などの表現を含め、何らかの人為を感じるものが多い。『万葉集』には「薪や用材を伐採するところ」の意のヤマも登場し、生活で利用するこれらが「ハヤシ」に置き換わってきたと考えられる。

 

森は「信仰」、林は「生活」と結びついている。すっきりしたようだが、例外も多いだろう。ただ、こういうときに迷い込むのは、「迷いの林」でなく「迷いの森」であってほしいわけだ。

 

東大卒お笑い芸人
山口おべん

担当ジャンル:ことば・文学

開成高校・東京大学文学部卒業。すぐに吉本興業の養成所へ(NSC東京18期)。

2020年からエージェント契約に変更し、コンビ活動以外にも幅を広げる。

幼少期に8回転勤をした経験がきっかけで、大学では言語学を専攻し方言(特にアクセント)を研究。

クイズは、芸人カズレーザーさん主宰の勉強会で毎週特訓中。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方は、Twitterでフォローをお願いします。

畝傍山

香具山は男?女?

資治通鑑

『資治通鑑』的人物採用基準とは?

万葉集

「馬声蜂音石花蜘蟵荒鹿」でなんと読む?

着物

なぜ裁縫することを「洗濯する」と言う?

柿本人麻呂

「東 野炎 立所見而 反見為者 月西渡」は何と読む?

五劫思惟阿弥陀仏

仏教用語では「非常に長い間」、現代は「面倒」、この言葉は何?

カラスアゲハ

『堤中納言物語』に出てくる「やばい」お姫さまは何がお好き?

牛車

平安時代は女が男を養う時代だった?

関東の冷たい「アメンボー」とは?

王様に衣を掛けてあげたら処罰された。なぜ?

十二単

清少納言曰く「坊主は○○なほうが良い」?

十二単

平安時代ってどんな布団で寝ていたの?

雷

「鰰」「鱩」は何と読む?

若紫

『源氏物語』の作者は紫式部。○か×か?

煮凝り

煮こごりの「こごり」って何?

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
3