よみもの|雑学記事|ことば・文学

「なんでやねん」はおかしな表現?

「なんでやねん」は最もよく知られた関西弁の一つだ。

ある大学の関西圏での調査では、好きな関西弁ランキング1位に選ばれている。

 

この語尾の「ねん」、強調・詠嘆・命令など広範なニュアンスを担い、関西弁になくてはならない存在だが、いつ頃から使われているかご存知だろうか?

 

まず、日本語の断定の助動詞の歴史を辿ろう。

現在のルーツとなる「である」は、室町時代以降に「であ」に、さらに東西日本でそれぞれ「だ」「じゃ」に変化した。

江戸末期~明治頃、近畿では「じゃ」の舌の摩擦が落ちた「や」が生じ、これが現代近畿方言の主流となっている。

 

この断定「や」が助詞「の」とくっついた「のや」が、「するのや→するねや→するねん」と発音しやすく変化した。

実はこれ、大阪で20世紀に入ってから起こった変化なのだ。

 

この「ねん」、名詞や副詞に直接接続することはできない。

そんなとき、関西人はよりにもよって断定の「や」を間に挟んだ。

まさかの重複。

つまり、共通語風に言うと「なんでやねん」は「なんでだのだ」なのだ。

 

誤用、と考えるのは少し早い。

そもそも共通語の「なのだ」の「な」とは何だろう?

これは文語の断定の助動詞「なり」の残存で、現代文法では断定「だ」の活用形と扱われている。

断定の重複という範囲では、実は関西弁に限った話ではないのだ。

 

ただ、不思議なのは、関西でも「なのや/なんや」とは言う。

「なねん」でなく「やねん」になったということは、別の変化が起こったということだ。

これと前後して、「ねん」が「や」に由来するという認識は希薄化していると思われるので、もしかすると本当に誤用から生まれたのかもしれない。

 

由来の希薄化による、さらなる進化形がある。

若年層に「やねんやんか」などの新表現が登場しているのだ。

共通語にするなら「だのだじゃんか」。もはや呪文でしかない。

そもそも「やんか」自体が共通語の影響と言われ、年配層は使わない。

 

しかし、裏を返せば、それだけ柔軟に表現を進化させてきたということである。

歴史上長らく言葉の発信地だった関西には、まだまだ伸びしろがある。

東大卒お笑い芸人
山口おべん

担当ジャンル:ことば・文学

開成高校・東京大学文学部卒業。すぐに吉本興業の養成所へ(NSC東京18期)。

2020年からエージェント契約に変更し、コンビ活動以外にも幅を広げる。

幼少期に8回転勤をした経験がきっかけで、大学では言語学を専攻し方言(特にアクセント)を研究。

クイズは、芸人カズレーザーさん主宰の勉強会で毎週特訓中。

「森」と「林」は、元々どちらも「○○」だった?

着物

なぜ裁縫することを「洗濯する」と言う?

柿本人麻呂

「東 野炎 立所見而 反見為者 月西渡」は何と読む?

五劫思惟阿弥陀仏

仏教用語では「非常に長い間」、現代は「面倒」、この言葉は何?

カラスアゲハ

『堤中納言物語』に出てくる「やばい」お姫さまは何がお好き?

牛車

平安時代は女が男を養う時代だった?

関東の冷たい「アメンボー」とは?

王様に衣を掛けてあげたら処罰された。なぜ?

十二単

清少納言曰く「坊主は○○なほうが良い」?

十二単

平安時代ってどんな布団で寝ていたの?

雷

「鰰」「鱩」は何と読む?

若紫

『源氏物語』の作者は紫式部。○か×か?

煮凝り

煮こごりの「こごり」って何?

清少納言の名前の由来は?

ドイツで「野菜の王」「食べる象牙」「白い黄金」という春の味覚は?

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
>