クイズ|十種競技|なぜ

サッカーのスローインを両手で投げるのはなぜ?
【なぜ vol.50】

(答えは下にあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

【答え】

ボールを遠くまで投げられないようにするため

【解説】

サッカーのスローインはかつては片手で投げていました。しかし19世紀後半、50メートル以上投げられる選手が出始め、スローインで一気に相手ゴール近くまで攻めることができるようになりました。そこで1882年、スローインの攻撃性を弱めるために両手で投げることがルール化され現在に至ります。

 

銀行の入り口に観葉植物が置かれているのはなぜ?【なぜ vol.56】

日本のサインペンが世界的ヒットとなったきっかけは何?【なぜ vol.55】

マカロニに穴が空いているのはなぜ?【なぜ vol.54】

ボクシングの試合場は四角いのに「リング」と呼ばれるのはなぜ?【なぜ vol.53】

1982年に500円玉の発行が始まった主な理由は、何が増えたため?【なぜ vol.52】

カメラ撮影でフラッシュをたくと目が赤く写ることがあるのはなぜ?【なぜ vol.51】

キャンプファイヤーで、薪を「井桁」の形に組むのはなぜ?【なぜ vol.49】

「虹」という漢字が虫へんなのはなぜ?【なぜ vol.48】

中央アジアの国に「スタン」とつく国が多いのはなぜ?【なぜ vol.47】

フラミンゴが水中で立つときに片足をあげているのはなぜ?【なぜ vol.46】

エレベーターの奥の壁に鏡が設置されているのはなぜ?【なぜ vol.45】

映画館のスクリーンは、近くでよく見ると小さな穴がたくさん空いていますが、これはなぜ?【なぜ vol.44】

グランドピアノの屋根が斜めに立てられているのはなぜ?【なぜ vol.43】

浴槽を湯船というのはなぜ?【なぜ vol.42】

水族館のペンギンの水槽には、鏡が設置されることがよくあるのはなぜ?【なぜ vol.41】

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
>