よみもの|コラム|モミジDr.のリカバリー日記
vol.273

モミジDr.のリカバリー日記第273回「モーツァルト」

先日、とある場所で、次のようなクイズを出題した。

「綿密な手作業で知られ、世界で最も高額なピアノを製造しているイタリアのピアノメーカーで、「F308モデル」は世界で唯一「第四ペダル」を持つことで知られるのは?」

正解は「ファッツィオリ」。ある女性の解答者がいともなく正解を出した。

「イタリアのメーカーといえば、ここなので」と彼女は謙虚に答えたが、クイズのプロたちがたくさんいる中で、こういうナチュラルな正解を出せるのは本当にかっこいいな、と思う。

それに対して、100万人以上のフォロワーを有する脳科学者のA氏。

かつては「東〇王」や「ク〇ズ番組」を批判。今回は「ジャ〇ーズ」を取り上げて批判。議論が広がることを期待し、A氏なりの思考実験を行っているのであろうが、その中で一生懸命頑張っている人や応援している人たちを批判し、「芸術性を理解していない」などと揶揄するのはいかがなものか。

結果としてA氏は毎回フォロワー数を増やしているのだが、フォロワーは利用されているだけだと思う。

同じ年代としてかっこ悪いし、先ほどの女性と大違いだ。

私はこれまで1万人以上の方と(精神科医として)接し、クイズを通して「脳」や「記憶」について科学しているが、A氏の肩書の「脳科学者」という言葉すら曖昧な響きに感じられる。

「ショパン」や「ルノワール」も好きだが、「乃木坂46」「STU48」や「SnowMan」「トラビスジャパン」も好きだ。そんな私からしてみると、パフォーマンスを届けてくれる方たちはみんな同じ「癒しの存在」でしかない。

私に芸術性があるとは言えないが、芸術を知りたいと思い、努力している点においてならA氏に勝てるかもしれない。このコラムでも、この世で一人の方にでも共感していただけるなら満足なので、フォロワー数はいらない。実際に会うことはなくても、そのフォロワーの方が素晴らしい方だということは手に取るようにわかるので。(実際にお会いしている方はなおさらである。)

今日は苦手な音楽について学びたいと思う。かつて「ベートーベン」を取り上げたことがあるので、今日は「モーツァルト」をテーマとしたい。

「かつてのオーストリア最高額面5000シリングの肖像⇒モーツァルト」など、クイズでもよく登場するが、その前にネタをいくつか整理してみたい。

・モーツァルトの三大オペラ⇒『フィガロの結婚』『ドン・ジョバンニ』『魔笛』

・モーツァルトの三大イタリア語オペラ⇒『フィガロの結婚』『ドン・ジョバンニ』『コシ・ファン・トゥッテ』

・初期のころ使ったピアノに似た幻の鍵盤楽器⇒タンゲンテン・フリューゲル

・『モーツァルトの子守歌』の作曲⇒ベルンハルト・フリース

・「私の思い出にモーツァルトの曲を弾いてください」という言葉を残した作曲家⇒フレデリック・ショパン

・モーツァルトやハイドンが少年時代在籍⇒ウィーン少年合唱団

・「浪花のモーツァルト」⇒キダ・タロー

・「現代(20世紀の)のモーツァルト」⇒アンドリュー・ロイド・ウェーバー

・「現代(19世紀の)モーツァルト」⇒メンデルスゾーン

・「シャンゼリゼのモーツァルト」⇒オッフェンバック

・「香りのモーツァルト」⇒ジャック・キャバリエ

・「モーツァルトの再来」「神童」⇒コルンゴルト

・『チベットのモーツァルト』などの著作⇒中沢新一

・アリア『もう飛ぶまいぞ、この蝶々』が登場⇒『フィガロの結婚』

・幼少期、モーツァルトがマリー・アントワネットにプロポーズした場所⇒シェーンブルン宮殿

・『コシ・ファン・トゥッテ』のデスピーナのモデル⇒フランツ・メスマー(メスメリズムの創始者)

・『魔笛』に登場する主人公タミーノに試練を与える悪魔⇒ザラストロ

・『フィガロの結婚』の台本⇒ボーマルシェ

・『フィガロの結婚』にも登場、スペインの民族舞曲⇒ファンダンゴ

・ドイツ語で「女とはみんなそうしたもの」⇒『コシ・ファン・トゥッテ』

・「三大レクイエム」⇒モーツァルト、ベルリオーズ、フォーレ

・後期ナポリ学派の作曲家、「フィナーレ構成法」はモーツァルトに多大な影響を与えた⇒ニコラ・ピッチンニ

・『コシ・ファン・トゥッテ』が初演されたオーストリアの国立劇場、モーツァルト像が建つ前には「ト音記号」を象った花壇⇒ブルク劇場

・海外では『ドン・ジョバンニ』で用いられたものが最初⇒回り舞台

・モーツァルト、ベートーベン、紫式部などのクレーターがある惑星⇒水星

・『ドン・ジョバンニ』などの作品が代表的、オペラ・セリアとオペラ・ブッファ両方の特徴⇒オペラ・セミセリア

・モーツァルトの父の名前⇒レオポルト

・ウィーン国立歌劇場のこけら落とし⇒モーツァルトの『ドン・ジョバンニ』

・モーツァルトの霊と交信したといわれる指揮者⇒ブルーノ・ワルター

・モーツァルトの伝記などを翻訳、NHK「話の泉」の出演者⇒大田黒元雄

・一度聞いただけで暗唱したシスティナ礼拝堂の秘曲⇒『ミゼレーレ』

・従妹マリア・アンナ・テークラにあてた現存する卑猥な手紙⇒ベーズレ書簡

 

【今週のテーマ「モーツァルト」】

 

芸術の分野から「モーツァルト」

 

問題01 モーツァルトの交響曲第41番の通称と、平原綾香のデビュー曲のタイトルに共通する惑星は?

問題02  モーツァルトの曲とベートーベンの曲に共通する、ある国の名前が付いた行進曲といえば?

問題03 ミロス・フォアマン監督の映画のタイトルにも使われた、モーツァルトのミドルネームといえば?

問題04  「塩の街」という意味があり、音楽家モーツァルトの生地として知られるオーストリアの都市は?

問題05 第1番は『クラヴィアのためのメヌエット』である、モーツァルトの作品につけられている整理番号といえば?

問題06 通常よりも少ない四楽章から成るため、ドイツ語で「一つの小さな夜曲」という意味を持つ、モーツァルトの曲は?

問題07 モーツァルトの『後宮からの誘拐』がその先駆けとされる、ドイツ語で「歌芝居」という意味の喜劇を何という?

問題08  トルストイの「ソフィー」、ソクラテスの「クサンティッペ」と並び、「世界三大悪妻」として知られるモーツァルト夫人の名前は?

問題09 モーツァルトの遺作となった『レクイエム』の未完部分『ラクリモーサ』を完成させた、弟子の作曲家は誰?

問題10 モーツァルトの『フィガロの結婚』のケルビーノ役やヴェルディの『仮面舞踏会』のオスカル役などが代表的な、ドイツ語で「ズボン役」という意味がある、オペラで男装して歌う女性の役を何という?

 

正解【モーツァルト】

 

問題01 『ジュピター』(『ジュピター』を命名したのはヨハン・ペーター・ザロモン。モーツァルトの三大交響曲は第39番、第40番、第41番『ジュピター』。他に有名な交響曲としては『パリ』(第31番)、『ハフナー』(第35番)、『リンツ』(第36番)、『プラハ』(第38番)。)

問題02  『トルコ行進曲』(モーツァルトの『ピアノソナタ・イ短調』の第三楽章、ベートーベンの『アテネの廃墟』第4番)

問題03 アマデウス(映画『アマデウス』で、「モーツァルトを毒殺した」と告白する作曲家はアントニオ・サリエリ。また、モーツァルトに憧れ、自分の名前に「アマデウス」を加えたエピソードで知られる作家は、ホフマン。オッフェンバックの『ホフマン物語』で有名。)

問題04 ザルツブルク(「ザルツブルク音楽祭」も有名。モーツァルトが亡くなったのは、オーストリアのウィーン。)

問題05 ケッヘル番号(オーストリアの音楽家・植物学者ルートヴィヒ・フォン・ケッヘルによる。ケッヘル番号最後となる626番は『レクイエム』)

問題06 『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』(ケッヘル番号525番、正式には『セレナード第13番ト長調』)

問題07 ジングシュピール

問題08  コンスタンツェ(旧称はコンスタンツェ・ヴェーバー。モーツァルトがかつて片思いをしたアロイジア・ヴェーバーの妹。コンスタンツェのいとこで『魔弾の射手』の作曲⇒カール・マリア・フォン・ウェーバー。コンスタンツェはモーツァルトの死後、デンマークの外交官ゲオルク・フォン・ニッセンと再婚)

問題09 フランツ・ジュスマイヤー(オペラ『アルカディアの鐘』『高貴なる復讐』などの作曲。『レクイエム』の作曲をモーツァルトに依頼したのは、フランツ・ヴァルゼック・フォン・シュトゥバッハ伯爵。)

問題10 ホーゼンローレ(他にはリヒャルト・シュトラウスの『ばらの騎士』のオクタヴィアン役など)

 

この記事が気に入ったらシェア!
このエントリーをはてなブックマークに追加
いしい記念病院 副院長
森隆徳

学生時代、クイズ番組の出場経験があり、広島でクイズサークル「モミジQ楽部」を友人と立ち上げた。精神科医になり、元祖クイズドクターとしてテレビ番組への出場、自身の大会を開催するなどクイズ活動を行う傍ら、医療の中でクイズを使った活動を行い注目を集めている。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方はTwitterでフォローをお願いします。

モミジDr.のリカバリー日記 第294回「ペンギン」

モミジDr.のリカバリー日記

モミジDr.のリカバリー日記 第293回「アイヌ語」

モミジDr.のリカバリー日記

モミジDr.のリカバリー日記 第292回「爪」

モミジDr.のリカバリー日記

モミジDr.のリカバリー日記 第291回「実験器具」

モミジDr.のリカバリー日記

モミジDr.のリカバリー日記 第290回「指輪」

モミジDr.のリカバリー日記

モミジDr.のリカバリー日記 第289回「ゴジラ」

モミジDr.のリカバリー日記

モミジDr.のリカバリー日記第288回「辰年」

モミジDr.のリカバリー日記

モミジDr.のリカバリー日記第287回「日本レコード大賞」

モミジDr.のリカバリー日記

モミジDr.のリカバリー日記第286回「ビタミン」

モミジDr.のリカバリー日記

モミジDr.のリカバリー日記第285回「江戸五街道」

モミジDr.のリカバリー日記

モミジDr.のリカバリー日記第284回「芥川龍之介」

モミジDr.のリカバリー日記

モミジDr.のリカバリー日記第283回「日本三景」

モミジDr.のリカバリー日記

モミジDr.のリカバリー日記第282回「ドイツの世界遺産」

モミジDr.のリカバリー日記

モミジDr.のリカバリー日記第281回「経済学者②」

モミジDr.のリカバリー日記

モミジDr.のリカバリー日記第280回「経済学者①」

モミジDr.のリカバリー日記

怖い雑学【聞くトリビア 読む編part.20】

閲覧数:
600views
太陽系

太陽系の惑星のうち、一番傾いているのは?

閲覧数:
380views

お菓子の雑学【聞くトリビア第18話 読む編】

閲覧数:
320views

「人生の糧になる名言」100選【偉人たちの名言雑学集】

閲覧数:
260views
十二単

平安時代ってどんな布団で寝ていたの?

閲覧数:
250views

宇宙の雑学【聞くトリビア 読む編part.19】

閲覧数:
210views

モミジDr.のリカバリー日記 第292回「爪」

モミジDr.のリカバリー日記

閲覧数:
200views

モミジDr.のリカバリー日記 第294回「ペンギン」

モミジDr.のリカバリー日記

閲覧数:
150views

富士山より高い日本一の山があった?

閲覧数:
140views

六道の「天道」に生まれるのが良くないのは何故?

閲覧数:
140views

モミジDr.のリカバリー日記 第291回「実験器具」

モミジDr.のリカバリー日記

閲覧数:
130views

『西遊記』で三蔵法師の乗っている馬は何者?

閲覧数:
120views

モミジDr.のリカバリー日記 第293回「アイヌ語」

モミジDr.のリカバリー日記

閲覧数:
120views

富士山は何県にある?

閲覧数:
110views

清少納言と紫式部はなぜライバルと言われるのか?

閲覧数:
110views
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP