よみもの|雑学記事|科学

月以外で、地球の一時的な衛星として観測された天体は?

月以前、地球には月が唯一の衛星であることを紹介した。

「衛星が一つだけの太陽系準惑星は?」を参照

しかし一時的ながら、月以外の地球の衛星があることをご存知だろうか?

 

その存在を知ったのは実は最近だ。それもそのはず。今年(2020年)2月末日に「一時的な第2の月」というWeb記事が公開されて知ったのだから。

しかしよくよく調べると、その天体が初めての「一時的な第2の月」ではなかったのだ。

順序を追って説明しよう。

 

2006年9月にアメリカ・アリゾナ大学の月惑星研究所で行われているカタリナ・スカイサーベイ(地球近傍の天体観測を主目的としているプロジェクト)が、地球を周回している天体を発見した。発見当初は人工衛星の残骸などの人工物と思われていたが、軌道変化の計算などを行なった結果、天然由来の天体であることがわかった。

この天体はもともと太陽の周りを回っていたが、2006年9月から2007年6月まで地球を回った後、地球を離れ再び太陽を周回した。

発見から2年後の2008年に、この天体を「2006 RH120」と名付けることが決まった。次に2006 RH120が地球に最接近するのは2028年8月または10月と推定される。ただし再び地球を周回するかは不明…。

 

そして今年(2020年)の2月。カタリナ・スカイサーベイが新たに地球を周回する天然由来の天体を発見。それが「2020 CD3」。この天体は2016〜2017年の間に地球に最接近し、その後およそ3年間にわたり地球を周っていることが研究で分かった。ただし前述の2006 RH120の軌道が不安定だったのと同様に、この2020 CD3も不安定性を持っている。そのためシミュレーション結果によると今年の半ばごろに地球を離れるとのこと。従って2020 CD3は地球の一時的な衛星というポジションに落ち着いたのだった。

地球を離れてからは太陽を周回し続け、地球に再び近づくのは計算によると2044年3月ごろ。その場合、接近距離が長く地球の重力で周回する可能性は非常に低いらしい…。

 

今回紹介した2つの天体は直径数メートルで、月と比べて非常に小さく「ミニムーン」と呼称されている。他にも地球の付近に近づく天体は複数存在しており、地球の重力で一時的な衛星になる可能性は0ではない。あまりに接近しすぎて衝突しないことを祈りつつ、新たなTemporary satellite(一時的な衛星)が来ることを願う!

面白法人カヤック・企画部プランナー
マジー田中
1991年生まれ。大阪府生まれ奈良県育ち。現在は鎌倉在住。
2011年に大阪大学理学部に入学。大阪大学クイズ研究会(OUQS)と大阪大学天文同好会に入り、4年を過ごした。
2015年に大阪大学卒業後、大阪大学大学院理学研究科に進学。惑星物質学研究室に配属。
2017年に修了後、千葉大学大学院博士課程に進学したが、2019年夏に中退しカヤックに秋入社。
名もなきクイズクリエイター(自称)。
太陽系

太陽系の惑星のうち、一番傾いているのは?

太陽

太陽の寿命はあと何年か?

土星

土星の環って数えられるの?

オーロラ

オーロラが見えるのは地球だけ?

太陽系

太陽系以外で8つの惑星が初めて確認された惑星系は?

金星

金星で見られる溶岩ドーム地形をあるお菓子の名前から何という?

太陽系第9番目の惑星はどこに存在する?

木星

赤い渦が見られる惑星は木星ですが、白い渦が見られるのは?

星空

2017年に初めて地球上で観測された恒星間天体は?

水星

2025年に水星に到着予定の水星磁気圏探査機の名前は?

地球

液体の水が存在する天体は地球だけ?

太陽

太陽が星であると最初に主張したのは誰?

地球と月

衛星が一つだけの太陽系準惑星は?

初めて発見された際に「ジョージの星」と名付けられた太陽系惑星は?

地球以外で火山活動をしている太陽系天体は、主に何を噴出している?

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
>