よみもの|雑学記事

初めて発見された際に「ジョージの星」と名付けられた太陽系惑星は?

太陽系惑星の覚え方といえば「水金地火木土天海」。それぞれの英語名は “Mercury(マーキュリー), Venus(ヴィーナス), Earth(アース), Mars(マーズ), Jupiter(ジュピター), Saturn(サターン), Uranus(ウラヌス), Neptune(ネプチューン)” である。ちなみに英語圏での覚え方は “My Very Eager Mother Just Served Us Noodles.”(他にも例あり)

 

前フリはここまでで、早速説明しよう。初めて発見された際に「ジョージの星」と名付けられたのは天王星である。では、そのいきさつはどんなものなのか。

天王星は紀元前の時から観測されていたことが、古代ギリシャの数学者・天文学者であるヒッパルコスの記録から推定される。

実際に観測の記録が残っているのが、ジョン・フラムスティード(イギリスの天文学者)やピエール・シャルル・ルモニエ(フランスの天文学者)などだ。ただしこれらの記録はいずれも “一つの恒星”として認識されていた。

 

1781年3月にドイツ出身のイギリス天文学者ウィリアム・ハーシェルが、自身で作った望遠鏡で “新しい天体”を観測した。その際ハーシェルは「新しい彗星を発見した」とイギリスの王立協会で発表した。

その後他の天文学者たちが観測すると、彗星とされていた新しい天体は土星のはるか遠方で、円に近い楕円軌道をしていることから惑星ではないかと推察された。このことを受けてハーシェルは1783年に新しい天体が惑星であることを確信した。

 

ハーシェルは支援者である当時のイギリス国王・ジョージ3世にちなんで、この新惑星を「ゲオルギウム・シドゥス」、すなわちジョージの星と名付けた。

他の科学者たちが挙げた新天体の候補名には「ハーシェル」「ネプチューン」「ウラヌス」などがあった。

 

ハーシェルが名付けた惑星名はイギリス以外に浸透しなかった。1850年にイギリスの王立航海年鑑局がより浸透していた「ウラヌス」を新惑星の名前に変更した。その結果「ウラヌス」が全世界に浸透していった。

ちなみにウラヌスが「天王星」と翻訳されたのは中国が最初で、その名称は日本・韓国・ベトナムへ広がったとされる。

 

今回紹介した天王星と関連して、「天王星や海王星がなぜ青っぽく見えるのはなぜ?」も参照していただきたい。

面白法人カヤック・企画部プランナー
マジー田中
1991年生まれ。大阪府生まれ奈良県育ち。現在は鎌倉在住。
2011年に大阪大学理学部に入学。大阪大学クイズ研究会(OUQS)と大阪大学天文同好会に入り、4年を過ごした。
2015年に大阪大学卒業後、大阪大学大学院理学研究科に進学。惑星物質学研究室に配属。
2017年に修了後、千葉大学大学院博士課程に進学したが、2019年夏に中退しカヤックに秋入社。
名もなきクイズクリエイター(自称)。
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP