よみもの|雑学記事|生活

ペットのヒヤリハットを探せvol.10なぜこうなった?3

SNSや動画サイトなどでは、ペットが登場する様々な動画や写真、あるいは漫画やイラストなどによるエピソード再現などが山のように公開されており、その中には国内外から多くの支持を集めているコンテンツも少なくありません。

しかしながらそうした「人気のペットさん動画・静画」の中には、実際にはいわゆるヒヤリハット事例というべきケースもしばしばみられるのですが、そうした「これはヒヤリハットです」という指摘は、あくまで筆者が確認する限りでは極めて少数なのが現実です。

なぜ、そのような「これはヒヤリハットです」という指摘がされにくいのでしょうか。

筆者も何度か指摘している「特に現代(日本)社会では、『ペット動物の賢さへの過信』が時として『人間による自分(たち)自身の賢さへの過信』以上に過激化・先鋭化しがちである」という理由も大きいですが、他にも例えば「ペット動物(や、そのペットを写した動画や静画)に『癒し』『幸せ』を見出す空気に水を差すこと(とみなされる行為)」を強く忌避する価値観の存在なども、ヒヤリハットをヒヤリハットとしてきちんと認識することを妨げる深刻な要因の一つだといえるでしょう。

しかし矢張りそうした「ペット動物に『癒しや幸せ』を見出す空気に水を差したとみなされる行為」を忌避することが、巡り巡って当のペット動物を不幸にしてしまうことも実際にはあります。

今回のテーマも、そうした幾つかの例を元にした架空の事故です。

とある飼い主さんは、自分の家の中だからと油断して歩きスマホをしてしまっていたところペットの猫につまづいてしまいました。幸い猫に特にケガはなく、餌やペット用おやつのおねだりをしたので早速液状おやつをやり、ひと安心しました。

そして飼い主さんがこのことを再現漫画にしてSNSに上げたところ、ほのぼのネタとして大いにもてはやされました。そして実はこうした軽い(とご本人や多くのファンの人々が思う)アクシデントは以前にも何回かあったという補足をすると、これまた「ちょっと間抜けで憎めない飼い主さん」「災いを転じておやつをせしめる賢いニャンコさん」としてほのぼのネタ扱いになり、これから注意しようという視点は欠落したままでした。

ただ中には、さすがに「これはヒヤリハットですよ」という指摘をした人々も数は極めて少ないですがいました。

しかし、飼い主さんや「SNS上のお取り巻き」化したファンの人々はそうした指摘を黙殺するばかりでした。

そしてそれから1年もしないうちに、結局飼っていた猫は死亡してしまいました。ここでの猫の死因としては、何が考えられるでしょうか(今回は自由回答です)?

 

・・・正解例は、「飼い主さんが間違って蹴ってしまったことによる致命傷」「おやつの過剰摂取による肥満が原因の病気」などです。

以前に間違って蹴ってしまうことがあってもケガをしなかった、ということがラッキーな偶然である(従って、そういったことが起きないよう注意するべきだ)という視点の欠落により、家の中を移動する際に注意を払わなくとも大事には至らないと思うようになり、結果としてアンラッキーな事故につながってしまった可能性もあります。

一つの大きな事故の裏には複数の軽微な事故、その軽微な事故の裏には数え切れないほど多くのヒヤリハットが潜んでいるといいますが、そのことを忘れてはいけません。

更にいうと、その「数え切れないほどのヒヤリハット」の中には、ヒヤリハットであると認識されないものも随分ある(つまり、ヒヤリハットであると認識されなくとも様々な偶然次第で大きな事故につながり得る)ということも、忘れないようにしたいものです。

また、おやつの過剰摂取による肥満を引き金とする病気で寿命が縮まった可能性にも、注意が必要です。糖尿病や尿結石など泌尿器系の疾患のリスクを高めてしまったり、関節に過剰な負担をかけてしまうからです。

 

 

 

 

 

<参考サイト>

猫におやつ、あげすぎてない?最低限知っておきたい3つのルール

https://cat.benesse.ne.jp/withcat/content/?id=63357

猫におやつをあげすぎるとどうなる?正しい3つの与え方

https://nekochan.jp/food/article/3704

この記事が気に入ったらシェア!
このエントリーをはてなブックマークに追加
葬儀・埋葬史及び美術史マニア
ペットセーバーベーシック・アドバンス資格所持者
せっぱつまりこ

法政大学大学院国際日本学インスティテュート修士課程修了(学術修士の学位有り)。

10代前半から美術史に、1617歳頃から葬儀・埋葬史に強い関心を持つようになるが当時は今と違いSNSやクラウドソーシングが普及しておらず、そうしたことを活かすことができないまま年月を過ごした後ウェブライターとなり、現在ではむしろクイズ原案作者を名乗る。

日本ネットクリエイター協会会員。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方はTwitterでフォローをお願いします。

日本初の地元の要請によりつくられた請願駅はどこ?

ペットのヒヤリハットを探せ11・なぜこうなった?4

ペットのヒヤリハットを探せ番外編・それってホントに癒される?

ペットのヒヤリハットを探せvol.9どこが危険?テレワーク編2

ペットのヒヤリハットを探せvol.8なぜこうなった?2

中国語では「牛の角」を表す「三日月」は?

ペットのヒヤリハットを探せvol.7【なぜこうなった?1】

ペットのヒヤリハットを探せ 番外編【それってホントに聞いてるの?】

ペットのヒヤリハットを探せvol.6【どこが危険?バスルーム編】

ペットのヒヤリハットを探せvol.5【どこが危険?テレワーク編】

ペットのヒヤリハットを探せvol.4【どこが危険?ダイニング編】

ペットのヒヤリハットを探せvol.3【どこが危険ですか?キッチン編】

ジュースや酎ハイの泡は消えるのに、ビールの泡だけが残る理由は?

ペットのヒヤリハットを探せvol.2【オンライン飲み会編】

ペットのヒヤリハットを探せ:どこが危険ですか?【リビング編1】

怖い雑学【聞くトリビア 読む編part.20】

閲覧数:
2,610views

富士山は何県にある?

閲覧数:
1,230views

ウィークエンド・シトロン”とは何のお菓子のこと?

閲覧数:
970views

富士山より高い日本一の山があった?

閲覧数:
940views

宇宙の雑学【聞くトリビア 読む編part.19】

閲覧数:
940views
野球

プロ野球の「三冠王」と「トリプルスリー」。達成が困難なのはどっち?

閲覧数:
820views
十二単

平安時代ってどんな布団で寝ていたの?

閲覧数:
780views

天王星や海王星が青っぽく見えるのはなぜ?

閲覧数:
770views
十二単

平安時代の人にとっての夢ってどんなもの?

閲覧数:
770views

大相撲の土俵の中には、×××が埋まっている。【イラスト雑学part.11】

閲覧数:
760views
傘応援

ヤクルト名物「傘振り応援」が始まった経緯とは?

閲覧数:
740views

明治時代、日本人が発見した元素は?

閲覧数:
730views

ルーヴル美術館に初めて作品が展示された日本人漫画家は誰?

閲覧数:
720views

ニュートンが「世界最後の魔術師」って称されたのはなぜ?

閲覧数:
710views

月面で×××をした人がいる。【イラスト雑学part.4】

閲覧数:
700views
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP