よみもの|雑学記事|歴史

平和の神が戦争の神を打ち負かす神話画の「新展開」とは?

ルネサンス時代以降の西洋美術では、ギリシャ神話を題材にした作品が盛んに制作されました。その中には、実は古代に書かれたギリシャ神話には存在しなかったか、したとしても余り重要でないとされ深入りした語りがされなかったエピソードを扱った、いわば二次創作というべき作品も多くあります。

そうした二次創作的な作品の中には、ギリシャ神話の登場人物を古代の神々(と、周囲の人間)というよりは様々な抽象的な概念の擬人化キャラクターとして描写したものが多く、これらの作品は神話を題材にしたというよりは抽象的な概念を視覚化したものとされ「寓意画」と呼ばれます(補足すると、古代の神話で重要とされたエピソードを「元ネタ」とする寓意画も中にはあります)。

そうした「寓意画」としての神話画のテーマの中でも、ヨーロッパ各地で武力衝突が絶えなかったバロック〜ロココ時代に平和の到来を願う意味もあってよく取り上げられたテーマの一つが、「知恵と平和の女神アテナ(ローマ名ミネルヴァ。美術作品のタイトルではしばしば、ギリシャ神話の登場人物はローマ名になりますが、ここではギリシャ名で呼びます)が、戦争の神アレス(ローマ名マルス。英語発音のマーズの方が日本では馴染みがあるでしょう)と一騎打ちをして打ち負かし、平和が訪れる」というものです。

このテーマの「元ネタ」というべきエピソードとしては、強いていえば例えば「トロイの木馬」などの語の由来となった「トロイア戦争」の際、アレスは(負けて滅ぼされた)トロイア国軍を支援しアテナは(勝った)ギリシャ諸国連合軍を支援したというものが挙げられますが、この2神が直接チャンバラをしてアテナが勝った、という場面は(少なくともトロイア戦争を描いた古代の叙事詩『イリアス』には)ありません。そして古代神話でのアテナは「戦略的な戦いの神」としての面はありますが、「戦争を積極的に止める平和の神」としての側面は必ずしも強くありません。

一方、洋の東西を問わず様々な宗教にしばしばみられる、「善の神(に当たる存在)が悪の神(に当たる存在)と争い、最終的に善の神が勝ち平和が訪れる」という神話という点からみると、西洋ではむしろ、聖書物語の中の神と悪魔が争い最終的に神が勝利して平和が訪れるストーリー(旧約聖書の『ヨブ記』、新約聖書の『ヨハネ黙示録』など)がメジャーであり(実際、こちらの神と悪魔の対決シーンも複数の美術作品に描かれています)、このアテナがアレスを打ち負かすテーマがキリスト教時代に入ってから描かれるようになったのもうなずける点があります。

ところでこの「善の神」アテナが「悪の神」アレスを打ち負かすテーマの美術作品ですが、ロココ時代に入ると「抽象的な概念の視覚化」というよりもストーリー性が強調され、アテナがアレスを打ち負かした場面に「新展開」を匂わせる描写が付け加えられるのが人気になります。それはどんな「新展開」でしょうか?

 

1番 負けたアレスが逃げる。

2番 アテナとアレスが和解する。

3番 アレスの恋人の美と愛の女神アフロディーテ(ローマ名ヴェヌス。こちらも英語発音のヴィーナスの方が馴染み深いです)が突然現れ、アレスをかばう。

 

 

 

 

・・・正解は3番です。矢張り優美さが売りのロココ美術らしいといえるでしょう。例えばフランスの画家ダヴィッド(彼はロココの画家というよりは、むしろ後のナポレオン帝政時代に宮廷画家として仕えた人物ですが)やシュヴェなどがこの「新展開」描写のある「アテナがアレスを打ち負かす」場面を描いています。ちなみに、アレスとアフロディーテが恋愛関係にあるというのは古代神話にも元ネタとなる重要なエピソードがあり、美術作品でも「愛は戦いに勝る」というテーマとしてルネサンス期から一貫して人気のテーマでした。

ヴィーナスと三美神に武器を取り上げられるマルス(ジャック=ルイ・ダヴィッド,1822-1844)

なお、この頃から同じ平和の到来を願うものでも「アテナがアレスを打ち負かす」テーマは衰退していき、ルネサンスから盛んだった「愛し合うアフロディーテとアレス」に一本化されていきます。

 

<参考文献>

新人物往来社編『ビジュアル選書 巨匠たちが描いた神と天使と悪魔』新人物往来社、2012

オード・ゴエミンヌ、ダコスタ吉村花子訳、松村一男監修『世界一よくわかる! ギリシャ神話キャラクター事典』グラフィック社、2020

海野弘解説・監修『ヨーロッパの図像 神話・伝説とおとぎ話』パイ インターナショナル、2013

秦剛平『天使と悪魔 美術で読むキリスト教の深層』青土社、2011

この記事が気に入ったらシェア!
このエントリーをはてなブックマークに追加
葬儀・埋葬史及び美術史マニア
ペットセーバーベーシック・アドバンス資格所持者
せっぱつまりこ

法政大学大学院国際日本学インスティテュート修士課程修了(学術修士の学位有り)。10代前半から美術史に、16〜17歳頃から葬儀・埋葬史に強い関心を持つようになるが当時は今と違いSNSやクラウドソーシングが普及しておらず、そうしたことを活かすことができないまま年月を過ごし、紆余曲折あってウェブライターとなる。今では葬儀・埋葬史及び美術史マニアとして世に存在を証明すること&そちらの記事を書く仕事のゲットを目指している。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方はTwitterでフォローをお願いします。

平和の神が戦争の神を討伐する神話画は、19世紀にどうなった?

運命の三女神の「海の妖精の眷族」イメージはいつ頃から?

中世の教会建築で、古代神殿風の円柱装飾はどう受け継がれた?

世界初のプラネタリウムはどこで生まれた?

平和の女神が戦争の神を倒す神話画の、もう一つのルーツは?

パリのノートルダム大聖堂の怪物像は、実は昔はなかった?

東京・奈良・京都の国立博物館。議会で炎上したデザインなのは?

石膏像コピーのおかげで、戦災で失われた後も観られる彫刻がある?

モロー作の『エウロペの誘拐』の、珍しい特徴は?

和洋折衷のギリシャ神殿風円柱のあるホテルは?

名作彫刻の石膏像コピーが、美術館のメイン展示だった時代がある?

ルネサンスの二次創作的神話画で、最高神が取り組む美術は?

寺内正毅像の、実現されなかった「神話的肖像」化のアイデアとは?

古代中国の歴史上、最も贅沢なナイフは?/中国古代史上最奢华的刀具是?

最高神の姿のベートーヴェン像。取り入れられたアトリビュートは?

富士山より高い日本一の山があった?

閲覧数:
1,209views

ウィークエンド・シトロン”とは何のお菓子のこと?

閲覧数:
476views

大谷翔平もかなわない!?プロ野球歴代最強の投打二刀流選手とは?

閲覧数:
452views
傘応援

ヤクルト名物「傘振り応援」が始まった経緯とは?

閲覧数:
438views
十二単

平安時代の人にとっての夢ってどんなもの?

閲覧数:
339views

明治時代、日本人が発見した元素は?

閲覧数:
284views

天王星や海王星が青っぽく見えるのはなぜ?

閲覧数:
218views

六道の「天道」に生まれるのが良くないのは何故?

閲覧数:
177views

「失敗すれば死あるのみ」という、現代に残る凄まじい修行とは何?

閲覧数:
160views

お金の雑学1【聞くトリビア 読む編part.5】

閲覧数:
145views
英字新聞

アメリカと日本の新聞の大きな違いは?

閲覧数:
137views
野球

プロ野球の「三冠王」と「トリプルスリー」。達成が困難なのはどっち?

閲覧数:
123views

プロ野球選手がもっとも好きな女性芸能人は誰?

閲覧数:
120views

地球を除く太陽系の惑星で、地球より重力が小さいのは?

閲覧数:
117views
真夏

体調が悪いとき時、お母さんがポカリを渡すのはなぜ?

閲覧数:
107views
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP