よみもの|雑学記事|歴史

モロー作の『エウロペの誘拐』の、珍しい特徴は?

ギリシャ神話を題材にしたルネサンス期以降の様々な美術作品の中でも、『エウロペの誘拐』は多くの芸術家によって描かれた人気のあるテーマでした。

このストーリーは、簡潔にいうとテュロス(フェニキア。今のレバノン)の王女エウロペを愛した最高神ゼウスが、牛の姿に化けて彼女をクレタ島(現在ギリシャ領の島)に連れ去り、そこで彼女との間に2人あるいは3人の子息を儲けるというものです。

なお、エウロペの名はヨーロッパの語源でもあります。

 

実は、この題材が多く取り上げられたのには大きな理由があります。

その理由とは、キリスト教時代には「人間の魂を神の国に連れて行くキリスト教の神の例え話」として解釈されたということです。

 

ギリシャ神話の中でも数多く語られるゼウスの浮気エピソードには、ゼウスの愛人や愛人との間に儲けた子どもが彼の妃で神々の女王のヘラによって制裁を受けるくだりが多いのですが、エウロペと彼女の子どもたちの場合には(少なくとも後世に伝えられた神話には)そうした話がない(=エウロペと子どもたちはゼウスの愛人と子どもの中でも幸運に恵まれている)ことや、ゼウスが化けた動物が「牡牛」という、キリスト教でも神聖なイメージがある(翼を持つ牡牛は、福音書記者ルカを象徴する生き物=彼に付き従う天使とされる)生物であることも、異教の神が人間の女性である愛人を連れ去るという一見スキャンダラスなテーマをめでたくキリスト教化できた理由と考えられます。

 

ところで19世紀に活躍したフランスの画家ギュスターブ・モローはこの『エウロペの誘拐』をテーマとする作品を幾つか描いていますが、それ以前の時代の多くの画家の描いたこのテーマの作品と大きく異なる点があります。それは次のどれでしょう?

 

1,エウロペと牛に変身したゼウスが、画面の「暗い」方向へ向かって進んでいる。

2,ゼウスが最早牛に化けていない。

3,あからさまに「夜」に起こったこととして描いている。

 

 

・・・正解は1番です。なお、モローの手になる『エウロペの誘拐』の中には牛に変身したゼウスの顔だけが神の姿を留めているバージョンもあるので、2番も完全な間違いではないともいえます。


ティツィアーノ・ヴェチェッリオ『エウロペの誘拐』(1560-1562年)。
モロー作は下記リンクよりご覧ください。

神話では牛に化けたゼウスはエウロペを乗せて海を泳いでクレタ島に渡ったとあることもあり、多くの同テーマの作品では暗い森から明るい海辺・沖に向かっていく姿が描かれ、しばしば明暗の対比が見どころになったりします。

これは人間世界と天上世界の対比を象徴した描写とされていますが、モロー作品では逆にエウロペたちは明るい海辺から暗い森の奥へ進んでいるように見える描き方です。

 

以前も、特に前近代においてはギリシャ神話を題材にしたキリスト教時代の美術作品では元ネタの古代神話よりも大幅に勧善懲悪を感じさせる描写が多いという指摘をしましたが、19世紀以降の近現代になると市民社会の発展その他の理由もあり、そうしたキリスト教的な勧善懲悪要素は薄れてきます。

そうした時代背景もあり、モローはこの『エウロペの誘拐』を最早キリスト教の神による人間救済の例え話ではなく、いわばダークファンタジー的イメージで描いたとも解釈できます。

 

『エウロペの誘拐』のダークファンタジー化といえば、田中久美子氏はここでのエウロペを「破滅へと導かれてしまう危うい存在として描かれている」と指摘していますが、その見方によればモローは前近代の作品ではまずあり得なかった、それまでのエウロペ像(とゼウス像)とは真逆のイメージの彼女(とゼウス)を描いたともいえるでしょう。

 

しかしモローの描く牛に化けたゼウスは聖性の象徴である後光の差した姿に描かれており、更にいうとそもそも古代神話でも、ゼウスはエウロペをヘラから守るためにクレタ島のプラタナスを一年中落葉しないようにしたというくだりもあるそうなので、「破滅」「ダークファンタジー」は若干過剰解釈のきらいがあり、伝統的なタイプの作品ではテュロスを出発するシーンが描かれているのに対してモローはただクレタ島に到着したシーンを描いただけである、という解釈も成り立ちます。

 

 

<参考文献>

オード・ゴエミンヌ、ダコスタ吉村花子訳、松村一男監修『世界一よくわかる! ギリシャ神話キャラクター事典』グラフィック社、2020

海野弘解説・監修『ヨーロッパの図像 神話・伝説とおとぎ話』パイ インターナショナル、2013

千足伸行監修『すぐわかるギリシア・ローマ神話の絵画』東京美術、2006

視覚デザイン研究所編『鑑賞のためのキリスト教美術事典』視覚デザイン研究所、2011

田中久美子監修『#名画で学ぶ主婦業 主婦は再びつぶやく』宝島社、2019

Web Gallery of Art

https://www.wga.hu/index.html

 

この記事が気に入ったらシェア!
このエントリーをはてなブックマークに追加
葬儀・埋葬史及び美術史マニア
ペットセーバーベーシック・アドバンス資格所持者
せっぱつまりこ

法政大学大学院国際日本学インスティテュート修士課程修了(学術修士の学位有り)。10代前半から美術史に、16〜17歳頃から葬儀・埋葬史に強い関心を持つようになるが当時は今と違いSNSやクラウドソーシングが普及しておらず、そうしたことを活かすことができないまま年月を過ごし、紆余曲折あってウェブライターとなる。今では葬儀・埋葬史及び美術史マニアとして世に存在を証明すること&そちらの記事を書く仕事のゲットを目指している。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方はTwitterでフォローをお願いします。

世界初のプラネタリウムはどこで生まれた?

平和の女神が戦争の神を倒す神話画の、もう一つのルーツは?

パリのノートルダム大聖堂の怪物像は、実は昔はなかった?

東京・奈良・京都の国立博物館。議会で炎上したデザインなのは?

石膏像コピーのおかげで、戦災で失われた後も観られる彫刻がある?

和洋折衷のギリシャ神殿風円柱のあるホテルは?

名作彫刻の石膏像コピーが、美術館のメイン展示だった時代がある?

ルネサンスの二次創作的神話画で、最高神が取り組む美術は?

寺内正毅像の、実現されなかった「神話的肖像」化のアイデアとは?

古代中国の歴史上、最も贅沢なナイフは?/中国古代史上最奢华的刀具是?

最高神の姿のベートーヴェン像。取り入れられたアトリビュートは?

平和の神が戦争の神を打ち負かす神話画の「新展開」とは?

ランス大聖堂のステンドグラスの原画を描いた20世紀の画家は?

森鴎外と高木兼寛が原因を争った病気は?

なぜ中国のお正月に髪を切らないという習慣がある?/中国的正月期间为什么有不理发的习俗?

富士山より高い日本一の山があった?

閲覧数:
783views
傘応援

ヤクルト名物「傘振り応援」が始まった経緯とは?

閲覧数:
465views

大谷翔平もかなわない!?プロ野球歴代最強の投打二刀流選手とは?

閲覧数:
274views

ウィークエンド・シトロン”とは何のお菓子のこと?

閲覧数:
263views

明治時代、日本人が発見した元素は?

閲覧数:
216views
十二単

平安時代の人にとっての夢ってどんなもの?

閲覧数:
161views
野球

プロ野球の「三冠王」と「トリプルスリー」。達成が困難なのはどっち?

閲覧数:
160views
漫画

『このマンガがすごい!』で2年連続1位を受賞している作品は何?

閲覧数:
157views

プロ野球選手がもっとも好きな女性芸能人は誰?

閲覧数:
139views

六道の「天道」に生まれるのが良くないのは何故?

閲覧数:
137views

「失敗すれば死あるのみ」という、現代に残る凄まじい修行とは何?

閲覧数:
121views
英字新聞

アメリカと日本の新聞の大きな違いは?

閲覧数:
106views

天王星や海王星が青っぽく見えるのはなぜ?

閲覧数:
105views

甲骨文字って何に使われていたの?

閲覧数:
95views
真夏

体調が悪いとき時、お母さんがポカリを渡すのはなぜ?

閲覧数:
93views
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP