よみもの|雑学記事|歴史

モロー作の『エウロペの誘拐』の、珍しい特徴は?

ギリシャ神話を題材にしたルネサンス期以降の様々な美術作品の中でも、『エウロペの誘拐』は多くの芸術家によって描かれた人気のあるテーマでした。

このストーリーは、簡潔にいうとテュロス(フェニキア。今のレバノン)の王女エウロペを愛した最高神ゼウスが、牛の姿に化けて彼女をクレタ島(現在ギリシャ領の島)に連れ去り、そこで彼女との間に2人あるいは3人の子息を儲けるというものです。

なお、エウロペの名はヨーロッパの語源でもあります。

 

実は、この題材が多く取り上げられたのには大きな理由があります。

その理由とは、キリスト教時代には「人間の魂を神の国に連れて行くキリスト教の神の例え話」として解釈されたということです。

 

ギリシャ神話の中でも数多く語られるゼウスの浮気エピソードには、ゼウスの愛人や愛人との間に儲けた子どもが彼の妃で神々の女王のヘラによって制裁を受けるくだりが多いのですが、エウロペと彼女の子どもたちの場合には(少なくとも後世に伝えられた神話には)そうした話がない(=エウロペと子どもたちはゼウスの愛人と子どもの中でも幸運に恵まれている)ことや、ゼウスが化けた動物が「牡牛」という、キリスト教でも神聖なイメージがある(翼を持つ牡牛は、福音書記者ルカを象徴する生き物=彼に付き従う天使とされる)生物であることも、異教の神が人間の女性である愛人を連れ去るという一見スキャンダラスなテーマをめでたくキリスト教化できた理由と考えられます。

 

ところで19世紀に活躍したフランスの画家ギュスターブ・モローはこの『エウロペの誘拐』をテーマとする作品を幾つか描いていますが、それ以前の時代の多くの画家の描いたこのテーマの作品と大きく異なる点があります。それは次のどれでしょう?

 

1,エウロペと牛に変身したゼウスが、画面の「暗い」方向へ向かって進んでいる。

2,ゼウスが最早牛に化けていない。

3,あからさまに「夜」に起こったこととして描いている。

 

 

・・・正解は1番です。なお、モローの手になる『エウロペの誘拐』の中には牛に変身したゼウスの顔だけが神の姿を留めているバージョンもあるので、2番も完全な間違いではないともいえます。


ティツィアーノ・ヴェチェッリオ『エウロペの誘拐』(1560-1562年)。
モロー作は下記リンクよりご覧ください。

神話では牛に化けたゼウスはエウロペを乗せて海を泳いでクレタ島に渡ったとあることもあり、多くの同テーマの作品では暗い森から明るい海辺・沖に向かっていく姿が描かれ、しばしば明暗の対比が見どころになったりします。

これは人間世界と天上世界の対比を象徴した描写とされていますが、モロー作品では逆にエウロペたちは明るい海辺から暗い森の奥へ進んでいるように見える描き方です。

 

以前も、特に前近代においてはギリシャ神話を題材にしたキリスト教時代の美術作品では元ネタの古代神話よりも大幅に勧善懲悪を感じさせる描写が多いという指摘をしましたが、19世紀以降の近現代になると市民社会の発展その他の理由もあり、そうしたキリスト教的な勧善懲悪要素は薄れてきます。

そうした時代背景もあり、モローはこの『エウロペの誘拐』を最早キリスト教の神による人間救済の例え話ではなく、いわばダークファンタジー的イメージで描いたとも解釈できます。

 

『エウロペの誘拐』のダークファンタジー化といえば、田中久美子氏はここでのエウロペを「破滅へと導かれてしまう危うい存在として描かれている」と指摘していますが、その見方によればモローは前近代の作品ではまずあり得なかった、それまでのエウロペ像(とゼウス像)とは真逆のイメージの彼女(とゼウス)を描いたともいえるでしょう。

 

しかしモローの描く牛に化けたゼウスは聖性の象徴である後光の差した姿に描かれており、更にいうとそもそも古代神話でも、ゼウスはエウロペをヘラから守るためにクレタ島のプラタナスを一年中落葉しないようにしたというくだりもあるそうなので、「破滅」「ダークファンタジー」は若干過剰解釈のきらいがあり、伝統的なタイプの作品ではテュロスを出発するシーンが描かれているのに対してモローはただクレタ島に到着したシーンを描いただけである、という解釈も成り立ちます。

 

 

<参考文献>

オード・ゴエミンヌ、ダコスタ吉村花子訳、松村一男監修『世界一よくわかる! ギリシャ神話キャラクター事典』グラフィック社、2020

海野弘解説・監修『ヨーロッパの図像 神話・伝説とおとぎ話』パイ インターナショナル、2013

千足伸行監修『すぐわかるギリシア・ローマ神話の絵画』東京美術、2006

視覚デザイン研究所編『鑑賞のためのキリスト教美術事典』視覚デザイン研究所、2011

田中久美子監修『#名画で学ぶ主婦業 主婦は再びつぶやく』宝島社、2019

Web Gallery of Art

https://www.wga.hu/index.html

 

この記事が気に入ったらシェア!
このエントリーをはてなブックマークに追加
準デジタル・アーキビスト資格所持者
ペットセーバーベーシック・アドバンス資格所持者
せっぱつまりこ

法政大学大学院国際日本学インスティテュート修士課程修了(学術修士の学位有り)

10代前半から美術史に、1617歳頃から葬儀・埋葬史に強い関心を持ち、紆余曲折を経て現在では特定分野に特化したクイズ原案作者を名乗る。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方はTwitterでフォローをお願いします。

十二単

平安貴族が仕事をサボるときに使っていた口実とは?

キリスト教美術でタブー化した表現を受け継いで流行した神話画は?

クリンガーの『ベートーヴェン像』のポーズのヒントになった作品は?

子どもたちを呑み込む先代最高神を描く神話画の「改変描写」とは?

クリンガーの『ベートーヴェン像』に投影されたもう1人の英雄は?

二次創作的神話画の「芸術をたしなむ最高神」像のもう一つの意義は?

最高神の姿以上の超人的なイメージの神話的肖像とは?

ヨルダーンス作『ユピテルの教育』

後世の二次創作的神話画で、幼少の最高神が練習する楽器は?

ネガティブ描写がカットされた『分かれ道のヘラクレス』の謎とは?

神の怒りから人々を守る聖母像がバロック以降タブーとされた理由は?

歌人・西行の前職は?

最高神の姿のワシントン大統領像が手に持っているものは?

クリンガーの『ベートーヴェン像』を英雄的と賞賛した作家は?

十二単

平安時代の女性に必須だった教養とは?

クラーナハの『パリスの審判』。勝者である美の女神はどの人物?

怖い雑学【聞くトリビア 読む編part.20】

閲覧数:
2,180views
傘応援

ヤクルト名物「傘振り応援」が始まった経緯とは?

閲覧数:
1,590views
十二単

平安時代の人にとっての夢ってどんなもの?

閲覧数:
390views

「人生の糧になる名言」100選【偉人たちの名言雑学集】

閲覧数:
360views

惑星の英語名はヨーロッパ神話由来、では日本語名は?

閲覧数:
350views

お菓子の雑学【聞くトリビア第18話 読む編】

閲覧数:
300views
十二単

平安時代の女性に必須だった教養とは?

閲覧数:
300views
十二単

平安時代ってどんな布団で寝ていたの?

閲覧数:
210views

六道の「天道」に生まれるのが良くないのは何故?

閲覧数:
210views

清少納言と紫式部はなぜライバルと言われるのか?

閲覧数:
200views

宇宙の雑学【聞くトリビア 読む編part.19】

閲覧数:
180views

富士山より高い日本一の山があった?

閲覧数:
170views

富士山は何県にある?

閲覧数:
160views

新幹線の雑学【聞くトリビア 読む編part.17】

閲覧数:
150views

違いの分かる雑学【聞くトリビア 読む編part.21】

閲覧数:
140views
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP