よみもの|雑学記事|歴史

『ヘラクレスとオンファーレ』の描かれ方の劇的な変遷とは?

筆者は「美術史」テーマの拙稿で、複数回「キリスト教時代に入って描かれたギリシャ神話を題材にした美術作品の中には、実は古代に書かれた神話になかったエピソードや書かれたとしても重要とみなされなかったエピソードが案外ある」という指摘をしており、そうした美術作品を「二次創作的神話画」とよんでいます。

今回のテーマである『ヘラクレスとオンファーレ』も、古代に語られ書かれてはいるものの必ずしも重要なエピソードとはみなされなかったくだりを後世に設定を大幅に膨らませて描いた、典型的な「二次創作的神話画」の一つです。

この『ヘラクレスとオンファーレ』の元々の古代神話でのエピソードは比較的簡潔な書かれ方をしており、最高神ゼウスと人間の女性でミュケナイ王女アルクメネとの間の子息で名高い英雄のヘラクレスが、誤って殺人を犯してしまったかどで罪を償うためにリュディアの女王オンファーレに一定期間奴隷として仕えた際、彼女に愛人になることを所望されその通りにするというものです。なお、古代に書き残された神話の中にもこのエピソードを省略したバージョンもあるらしく、私が記事を書く際にもよく参考文献にしている『世界一よくわかる! ギリシャ神話キャラクター事典』でも言及されていません。

このエピソードは後世には神話画の人気テーマの一つとなり、ルネサンス期にはヘラクレスを愛したオンファーレが彼を女装させて“男侍女”として侍らせる描写が登場しました。そしてそれから100年もしないうちにこれまた画期的な設定が付け足され、更にはバロック〜ロココ期に入ると作品の雰囲気も劇的に変化していきます。その変化とは、どんなものだったでしょう?(今回の答えは、一つとは限りません)

 

1,オンファーレも男装して描かれるようになった。

2,ラブシーンとして描かれていたのが、バロック〜ロココ時代以降はドタバタ喜劇的なコミカルシーンとして描かれるようになった。

3,2番とは逆に、ドタバタ喜劇シーンとして描かれていたのがラブシーンとして描かれるようになった。

4,オンファーレがペットの(と思われる)動物を連れて描かれるようになった。

 

・・・正解は、1番と3番です。

これはドイツルネサンスの画家クラーナハの1530年代後半の作品です(登場人物は当時のドイツの人々の姿に描かれています)が、オンファーレ(後述する他バージョンの作品から推して、右端の女性と思われます)と2人の侍女は面白おかしくてたまらないといった雰囲気でヘラクレスに女装させており、あたかも『笑ってはいけないシリーズ』風というか罰ゲームシーンのようなドタバタ喜劇的なイメージです。なお、クラーナハによる同じテーマの作品には侍女がもう1人増えていてオンファーレが華やかな帽子を被っている(このことで、その場面で最も身分の高い人物であることが示されている)バージョンのもあります。この時点の作例では、オンファーレはまだ男装していないことに注意です。

 

https://www.khm.at/en/objectdb/detail/1818/?lv=detail(ウィーン美術史美術館)

リンク先はクラーナハ作品から約50年後の1585年にオーストリアの画家シュプランガー(スプランヘル)によって描かれた『ヘラクレスとオンファーレ』です。オンファーレがライオンの毛皮を肩に掛けて棍棒を持っている=男装姿である点に注目です。この「ライオンの毛皮と棍棒」は、美術作品でその人物がヘラクレスであることを示すアトリビュート(持物)ですが、クラーナハ作品では身分の低い侍女風の服装だったヘラクレスはここでは華やかなティアラと貴婦人風衣装姿であり、オンファーレと衣装の交換をしたことがわかります。

画面の上には愛の神エロス(英語名のキューピッドの方が日本ではなじみ深いです)がカーテンに隠れており、ラブシーンであることが示されています。ラブシーン化といえば、オンファーレの侍女が1人になり、かなり年配になって目立たない位置に控えている点も重要です。

 

https://www.musey.net/9567/9568(MUSEY)

そしてこちらが、クラーナハ作品から約200年後に描かれたロココ期のフランスの画家ブーシェによる『ヘラクレスとオンファーレ』です。ヘラクレスとオンファーレがヌード姿になっていることもあり、罰ゲームシーン風のクラーナハ作品と同じテーマを扱った作品とはとても思えないほど、熱烈なラブシーンになっています。

オンファーレの侍女は完全に退場し、目立つ位置に現れたキューピッド(何と2人に増えています)がヘラクレスのアトリビュートであるライオンの毛皮と、彼がオンファーレに命じられた仕事の道具である糸紡ぎ棒をおもちゃにして遊んでおり、ヘラクレスとオンファーレが職務を一旦忘れて徹底的に愛し合っていることが示されています。ここでは最早女装とか男装とかは問題にはされていません。

つまりこのように徹底したラブシーンとして描写することで、ヘラクレスが女装してオンファーレが男装したという(古代神話にはない)1500年代の終わり頃以降の“お約束”的描写をほぼ抜きにした、意図しない(と思われる)古代神話の「オンファーレは奴隷として召抱えたヘラクレスを愛人にしたいと所望し、彼はそれに応えた」という余り深入りのない描写への回帰になっているわけです。

なお、この『ヘラクレスとオンファーレ』のテーマは18世紀末〜19世紀前半の新古典主義時代及びその後のいわゆるアカデミズム美術では急速に扱われなくなってきますが、それは一つにはこの元々の古代神話でのエピソード及びルネサンス時代以降“お約束”とされてきたヘラクレスの女装とオンファーレの男装の描写が、折から西洋で起こりその後日本も含む世界各地に広がった、いわゆる「近代型男らしさ/女らしさ規範」(いわゆる「富国強兵」や「良妻賢母」といったイデオロギーも、これに基づくものです)にそぐわないとみなされた点も多いと考えられます。

 

 

 

<参考文献>

オード・ゴエミンヌ、ダコスタ吉村花子訳、松村一男監修『世界一よくわかる! ギリシャ神話キャラクター事典』グラフィック社、2020

海野弘解説・監修『366日物語のある絵画』パイ インターナショナル、2021

春燈社編『怖くて美しい名画』辰巳出版、2020

この記事が気に入ったらシェア!
このエントリーをはてなブックマークに追加
準デジタル・アーキビスト資格所持者
ペットセーバーベーシック・アドバンス資格所持者
せっぱつまりこ

法政大学大学院国際日本学インスティテュート修士課程修了(学術修士の学位有り)。

10代前半から美術史に、1617歳頃から葬儀・埋葬史に強い関心を持つようになるが当時は今と違いSNSやクラウドソーシングが普及しておらず、そうしたことを活かすことができないまま年月を過ごした後ウェブライターとなり、現在ではむしろクイズ原案作者を名乗る。

日本ネットクリエイター協会会員。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方はTwitterでフォローをお願いします。

キリスト教美術でタブー化した表現を受け継いで流行した神話画は?

十二単

平安貴族が仕事をサボるときに使っていた口実とは?

ネガティブ描写がカットされた『分かれ道のヘラクレス』の謎とは?

神の怒りから人々を守る聖母像がバロック以降タブーとされた理由は?

歌人・西行の前職は?

最高神の姿のワシントン大統領像が手に持っているものは?

クリンガーの『ベートーヴェン像』を英雄的と賞賛した作家は?

十二単

平安時代の女性に必須だった教養とは?

クラーナハの『パリスの審判』。勝者である美の女神はどの人物?

ダナエ像がしばしば青や赤の布に取り囲まれて描かれるわけは?

最高神の姿のベートーヴェン像で表現された新しい最高神イメージは?

ギリシャ神話の神同士の裁判で重要な、当時の死者と縁の深いものは?

平和の神が戦争の神を討伐する神話画は、19世紀にどうなった?

運命の三女神の「海の妖精の眷族」イメージはいつ頃から?

中世の教会建築で、古代神殿風の円柱装飾はどう受け継がれた?

怖い雑学【聞くトリビア 読む編part.20】

閲覧数:
2,240views

富士山は何県にある?

閲覧数:
1,090views
傘応援

ヤクルト名物「傘振り応援」が始まった経緯とは?

閲覧数:
1,010views

お金の雑学1【聞くトリビア 読む編part.5】

閲覧数:
910views

宇宙の雑学【聞くトリビア 読む編part.19】

閲覧数:
870views

ウィークエンド・シトロン”とは何のお菓子のこと?

閲覧数:
830views

無名指ってどの指?

閲覧数:
740views

「なんでやねん」はおかしな表現?

閲覧数:
590views
数珠

『鬼滅の刃』に出てくるお経の意味はどんなもの? 【後編】

閲覧数:
550views

明治時代、日本人が発見した元素は?

閲覧数:
540views

阿修羅と帝釈天の勝負を分けた生き物とは何?

閲覧数:
540views

富士山より高い日本一の山があった?

閲覧数:
460views

ペットのヒヤリハットを探せ11・なぜこうなった?4

閲覧数:
450views

古代エジプトに「クレオパトラ女王」は……?【イラスト雑学part.26】

閲覧数:
430views

ニュートンが「世界最後の魔術師」って称されたのはなぜ?

閲覧数:
420views
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP