よみもの|雑学記事|生活

ペットのヒヤリハットを探せ:どこが危険ですか?
【リビング編1】

筆者も含めて今や多くの人々が利用する各種SNSや動画サイトでは、犬や猫を始めとする様々なペットの日常のひとコマを写した動画や写真、あるいは漫画やイラストによるペットとのエピソード再現ネタなどが大いに人気を集めています。

そうしたペットの動画や写真、その他様々なエピソード再現ネタの中では、ペットたちの実に可愛らしくほのぼのするしぐさや表情、飼い主たちとの心温まるエピソードなどが描かれており、ひとときの潤いや癒しをもらえたとお感じの皆様も多いことでしょう。

しかしながら、そうした様々な形で表現され可愛いと評判の「ペットさんほのぼのネタ」の中には、見るからに可愛らしくほのぼのした雰囲気のある光景だが、実は何かの弾みでペットさん(や、場合によっては飼い主さんも)の命に関わりかねない大きな事故につながってしまう危険のある、いわゆる「ヒヤリハット事例」というべきものが案外多いのです。

これは筆者によるイラストですが、SNS投稿や動画サイトなどから読み取れる「ペットの猫と一緒にリビングで過ごす飼い主さん」イメージの一つです。一見するとまさにほのぼのする、とある日常のごくごく普通の光景といった風情ですが、ではこの中に「ヒヤリハット事例」といえるものはいくつあるでしょう?

 

1,ヒヤリハット事例はありません。

2,1〜2点のヒヤリハット事例があります。

3,少なくとも4点はヒヤリハット事例があります。

 

 

 

 

・・・正解は3の「少なくとも4点はヒヤリハット事例が存在する」です。以下、それらはどんなものなのか具体的に見ていきます。

まず、下段が戸棚になっている本棚の、戸棚部分の扉が開いたままになってしまっていることについてです。

猫が引き出しや棚など様々な「物入れ」に入る習性はこうした「ペットさんほのぼのネタ」の定番の一つといってもよいほど多く見かけ、且つ見た目にも可愛らしくユーモラスなのでとても人気がありますが、実際には「ヒヤリハット事例」としての側面もあることを忘れてはなりません。なぜなら、鳴き声や音を立てずに猫が入ってしまったため気付かないで閉めてしまい、猫が出られない状態で長時間(あるいは長期間)放置してしまう事故もあるからです(多頭飼育の場合には、特にそうしたリスクが高くなるので注意です)。

ですので、猫を部屋に放している時には、猫が入れる大きさの扉付きの物入れはきちんと閉めておくようにして、可能ならドアストッパーを付けておくのがよいでしょう。

次に、猫の足場のそば近くの窓が若干開いている点です。

この部屋にはキャットウォークが取り付けられており、またタンスや本棚、ソファーなど猫が歩き回れる高い場所には恵まれています。その点では模範的でありキャットタワーがあればもっとよいのですが、一方で猫をケージやサークルに入れず部屋に放している時、その部屋の(特にそうした猫の足場のそばの)窓を開けて換気するのは、猫が何らかの理由で興奮して部屋から外へ飛び出し、行方不明になったり外で死亡したりしてしまうリスクを高めてしまいます。無事戻ってこられたとしても、外で感染症に感染したり、あるいは他の家の敷地で排泄するなど衛生害獣になってしまっていた可能性もあります。

ですから大切な猫を不本意に外に出してしまわないためにも、足場や足場になる家具の配置や換気中の猫の一時的なケージ・サークルなどへの移動に気を配りましょう。

3点目として、ミニテーブルの上のポットと飲み物の件です。

イラストではマグカップに入っているのが熱い飲み物なのか冷たい飲み物なのかは不明ですが、この形状のポットがそばにあることを考えると熱い飲み物の可能性が高く、万一猫がミニテーブルに飛び乗ったりしたら火傷をする危険があります。

一方もし冷たい飲み物だったとしても、猫が飲むと中毒症状を起こすため危険な飲み物(ブドウジュース、茶類やコーヒーなどカフェイン入りの飲料など)だった場合、飲んだりなめたりするなどすると危険です。猫が飲むと中毒の危険がある飲料や熱い飲料を飲んでいる時は、できれば猫を近付けないのも猫への愛です。

4点目の観葉植物の存在ですが、猫には時々草の葉を食べる習性があるため、毒(人間には無害だが猫が摂取すると危険な成分も含む)を持つ観葉植物は、できれば置かないのが最良です。

「猫との暮らしは癒される」とよくいいますが、一方では猫との生活はいわば毎日がヒヤリハットだという側面もあり、またむしろ人間が猫を癒すことが必要な場面も時にはあり得ます。しかしだからこそ、そのことを忘れず真摯に猫と向き合うことで得られる喜びも多いはずです。

 

 

 

<参考サイト>

「まちのweb屋さかぽんの雑記ブログMIYAZAKI LIFE 猫がドアノブや引き戸を開けて困る!防止するための対策グッズまとめ」

https://miyazakilife.com/pet/3173/

「アニコム損保:猫との暮らし大百科 これって猫が食べても大丈夫? 人間の食べ物で食べてはいけないものと大丈夫なものを解説!」

https://www.anicom-sompo.co.jp/nekonoshiori/3453.html

 

この記事が気に入ったらシェア!
このエントリーをはてなブックマークに追加
準デジタル・アーキビスト資格所持者
ペットセーバーベーシック・アドバンス資格所持者
せっぱつまりこ

法政大学大学院国際日本学インスティテュート修士課程修了(学術修士の学位有り)

10代前半から美術史に、1617歳頃から葬儀・埋葬史に強い関心を持ち、紆余曲折を経て現在では特定分野に特化したクイズ原案作者を名乗る。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方はTwitterでフォローをお願いします。

見返りを求めず他者にモノやサービスを与えることを優先する経済とは?

自宅でも職場や学校でもない居心地の良い「第三の場所」とは?

平成で最も出生数が多かった年は?

平成で最も出生数が多かった年は?

日本初の地元の要請によりつくられた請願駅はどこ?

ペットのヒヤリハットを探せ12・どこが危険?リビング編2

グリコの走っているマークが生まれた経緯は?

『花王』の三日月マークが左向きなのはなぜ?

江戸時代後期、葬儀シーンが小説の挿絵で自粛されたことがある?

「ワシのマーク」でお馴染みの大正製薬、ワシは左右どっちを向いている?

エステーのマークになぜヒヨコが使われている?

ペットのヒヤリハットを探せ11・なぜこうなった?4

ペットのヒヤリハットを探せvol.10なぜこうなった?3

ペットのヒヤリハットを探せ番外編・それってホントに癒される?

ペットのヒヤリハットを探せvol.9どこが危険?テレワーク編2

ペットのヒヤリハットを探せvol.8なぜこうなった?2

怖い雑学【聞くトリビア 読む編part.20】

閲覧数:
1,960views
傘応援

ヤクルト名物「傘振り応援」が始まった経緯とは?

閲覧数:
1,460views
十二単

平安時代の人にとっての夢ってどんなもの?

閲覧数:
420views

「人生の糧になる名言」100選【偉人たちの名言雑学集】

閲覧数:
310views

お菓子の雑学【聞くトリビア第18話 読む編】

閲覧数:
280views

富士山は何県にある?

閲覧数:
260views

惑星の英語名はヨーロッパ神話由来、では日本語名は?

閲覧数:
250views
十二単

平安時代の女性に必須だった教養とは?

閲覧数:
250views

清少納言と紫式部はなぜライバルと言われるのか?

閲覧数:
210views
十二単

平安時代ってどんな布団で寝ていたの?

閲覧数:
200views

富士山より高い日本一の山があった?

閲覧数:
200views

六道の「天道」に生まれるのが良くないのは何故?

閲覧数:
170views

結婚の雑学【聞くトリビア第30話 読む編】

閲覧数:
150views

新幹線の雑学【聞くトリビア 読む編part.17】

閲覧数:
130views

違いの分かる雑学【聞くトリビア 読む編part.21】

閲覧数:
130views
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP