よみもの|雑学記事|ことば・文学

関東の冷たい「アメンボー」とは?

アメンボと言えば、クイズでは比較的お馴染みの生き物だ。漢字クイズなら「水馬」や「水黽」の読みとして出題されることが多い。ちなみに、「黽」は1文字で「あおがえる」と訓読みする。また、アメンボの名の由来は「雨」ではなく「飴」で、体から飴のような匂いがするため「飴坊」や「飴棒」と書くのが元々だ。

 

と、まあクイズ知識をおさらいしたが、今回はそんな話ではない。方言の話だ。関東で「アメンボー」、鹿児島・愛媛・和歌山・静岡・茨城などの沿岸地域で「ビードロ」、相模や利根川流域で「トロロ」「ツルル」と呼ばれるものは何だろう?

 

それは、「氷柱」だ。「ツララ」は元々近畿を中心に東海~中四国で使われていた語形だが、明治新政府が西日本出身者主導だったことから共通語化した代表例と言える。古語は「タルヒ」と言い、東北地方にはその形が残っている。「垂れる氷」という意味だ。

 

「ビードロ」はガラスの意のポルトガル語に由来する。地理的に離れた沿岸地域に共通語彙が見られることはままあるが、これは交易による往来があった可能性が高い。有名なのは、房総半島には近畿方言の語彙が多く見られることだ。実は、「ツララ」も房総半島にも分布し、だとすると隣接地域の「トロロ」「ツルル」もその音変化と見られる。

 

そして、今回の主役の「アメンボー」。由来は「雨の棒」という説もあるが、「飴の棒」の方が有力らしく、広辞苑にも掲載がある。こちらは飴のような匂いがしては困るので、見た目10割の命名だ。匂いと見た目という別々の由来から、同じ名前に辿り着くのだから面白い。

 

なお、辞典によっては「水馬」とも「氷柱」とも異なる、第三の「飴ん棒」が載っている。それは、理髪店の入口に置いてある三色の螺旋、「サインポール」や「有平棒」と呼ばれるアレだ。

 

東大卒お笑い芸人
山口おべん

担当ジャンル:ことば・文学

開成高校・東京大学文学部卒業。すぐに吉本興業の養成所へ(NSC東京18期)。

2020年からエージェント契約に変更し、コンビ活動以外にも幅を広げる。

幼少期に8回転勤をした経験がきっかけで、大学では言語学を専攻し方言(特にアクセント)を研究。

クイズは、芸人カズレーザーさん主宰の勉強会で毎週特訓中。

「森」と「林」は、元々どちらも「○○」だった?

着物

なぜ裁縫することを「洗濯する」と言う?

柿本人麻呂

「東 野炎 立所見而 反見為者 月西渡」は何と読む?

五劫思惟阿弥陀仏

仏教用語では「非常に長い間」、現代は「面倒」、この言葉は何?

カラスアゲハ

『堤中納言物語』に出てくる「やばい」お姫さまは何がお好き?

牛車

平安時代は女が男を養う時代だった?

王様に衣を掛けてあげたら処罰された。なぜ?

十二単

清少納言曰く「坊主は○○なほうが良い」?

十二単

平安時代ってどんな布団で寝ていたの?

雷

「鰰」「鱩」は何と読む?

若紫

『源氏物語』の作者は紫式部。○か×か?

煮凝り

煮こごりの「こごり」って何?

清少納言の名前の由来は?

「なんでやねん」はおかしな表現?

ドイツで「野菜の王」「食べる象牙」「白い黄金」という春の味覚は?

Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
>