よみもの|雑学記事|エンタメ・カルチャー

あやかし、もののけ、ホントにいるの?
~お盆とお彼岸、あやかしは現れやすいのか?~

地球・あやかし紀行

不思議な現象、幽霊、妖怪、未確認生物をまとめて、親しみやすく“あやかしさん”と呼び、様々な“あやかしさん”情報を紹介しています。

今回は“あやかしさん”が出やすい時期はいつ?「お盆と彼岸」についてです。

 

お盆とお彼岸…どちらも亡くなった人を忍ぶ風習です。お盆は亡くなった人があの世から家族の元に帰ってくる期間。お彼岸はあの世とこの世が一番近くなる期間と言われています。この時期は幽霊やあやかしに遭遇しやすいのでしょうか?お盆とお彼岸について解説します。

  • お盆

お盆の正式名称は仏教用語で「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。期間は地域や家庭によって様々ですが一般的には8/13~8/16、東京や一部の地域では7/13~7/16、旧暦と新暦のどちらで行うかの違いです。また、9月中旬に行っているところもあります。

お盆が夏なのは僧侶の夏の修行に関連しています。釈迦の弟子の1人が、厳しい夏の修行を終えた僧侶たちを慰労し心からの誠意でもてなしたため、その功績が認められ地獄に落ちてしまった母を救う事が出来たという話に由来しているそうです。

亡くなった人はお盆に何をしに家族の元に帰って来るか?それは、生きている私たちの帰省とほぼ同じ。久しぶりに家族や子孫の顔を見て一緒に団らんを楽しんでいるのです。決して脅かしたり喝を入れたり、誰かを迎えに来るわけではありません。まぁ、時として、そんな魂もいないとも限りませんが。

亡くなった人は少しでも早く家族に会うため足の速いキュウリの精霊馬(しょうりょううま)に乗って帰宅し、戻る時はお供えされたお土産もたくさん持って帰るため力強いナスの精霊牛(しょうりょううし)に乗り楽しい余韻に浸りながらゆっくり帰ります。

  • お彼岸

あの世を彼岸、この世を此岸(しがん)と言います。お彼岸は太陽が真東から昇り真西に沈み、彼岸はあの世とこの世が一番近い日とされています。お彼岸は年に2回、春の彼岸は春分の日を中心に前後3日間、秋の彼岸は秋分の日を中心に前後3日間それぞれ7日間ずつです。彼岸には煩悩がない“極楽浄土”があると信じられています。煩悩だらけの此岸にいる我々は、彼岸が一番近いお彼岸に墓や仏壇を整え、手を合わせ先祖の霊を忍び感謝し、煩悩まみれの自分を見直し改める期間です。彼岸が近いからと言ってお盆のように故人が帰省してくるのとは少し違いますが、近いだけにあの世から何かメッセージがあるかもしれません。

亡き人が現世に戻るという点ではお彼岸よりお盆の方が“あやかしさん”に遭遇しやすいのかもしれません。

お盆があの世の帰省シーズンならば、すでに家もなく子孫も絶えお墓もないという魂もいるはずです。縁者はないけど旅行気分でやってくる魂、生前の想い出の場所を巡る魂がいても不思議はありません。

お盆に帰る場所がない魂や未練を残した魂は人の集まる海や山に集い、水辺で人を引き込み山では神隠しをして生者をあの世へ連れていく、そんな言い伝えもあります。今も昔も夏はレジャーシーズンで気が緩みがちです。水難事故や山岳事故が防止のための戒めでもあります。恐ろしい悪さをする魂がいたとしても、久しぶりに此岸を楽しみ縁者を見守る善良な魂には全く迷惑な話です。

 

お盆もお彼岸と仏教や日本古来の祖霊信仰が融合したもの。あくまでも日本の仏教上の行事で宗派によっても形は異なります。当然、全世界共通ではありません。けれど、宗教を問わずお盆やお彼岸を機に、お墓参りに行ったり故人を偲んで想い出話に花を咲かせる…それはそれで、亡き人達も喜んでくれるのではないでしょうか?

この記事が気に入ったらシェア!
このエントリーをはてなブックマークに追加
放送作家 キャスティングプロデューサー
南鰻衣ルカ

本業はTV番組・イベントなどキャスティングP

音楽業界、芸能界、TV・ラジオ・イベント業界などを経て、現在に至る。

仕事の中で知り合った多くの人から不思議な話をたくさん聞き、不思議な事に

巡り合ううちに“不思議なモノ”や“目に見えぬものが”大好物に!

それらを伝えていこうと執筆している。

得意ジャンルは神話、伝承、歴史、天文、色彩、スピリチュアル、どうでもいい雑学。

趣味はイラストレーション、読書。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方はTwitterでフォローをお願いします。

星空散歩~夜空の地図と星々の記憶~ vol.08【いて座】

星空散歩~夜空の地図と星々の記憶~ vol.07【へびつかい座】

さそり座

星空散歩~夜空の地図と星々の記憶~ vol.06【さそり座】

あやかし、もののけ、ホントにいるの?~百鬼夜行・あやかし達の大パレード~

てんびん座

星空散歩~夜空の地図と星々の記憶~ vol.05【てんびん座】

あやかし、もののけ、ホントにいるの?~未確認生物・ネッシーはどこに?!~

乙女座

星空散歩~夜空の地図と星々の記憶~ vol.04【おとめ座】

日本アカデミー賞で、史上最多の13部門で最優秀賞を受賞した映画とは?

あやかし、もののけ、ホントにいるの?~鬼か天女か人間か?謎の美女・鈴鹿御前~

星空散歩~夜空の地図と星々の記憶~ vol.03【しし座】

星空散歩~夜空の地図と星々の記憶~ vol.02【夏の大三角 天の川に浮かぶ琴と鷲と白鳥】

星空散歩~夜空の地図と星々の記憶~ vol.01【蟹座】

あやかし、もののけ、ホントにいるの?~都市伝説・トイレの花子さん~

『木花咲耶姫』大神ゼウス君の世界神話教室 女神のコトならワシに聞け! 第17話

あやかし、もののけ、ホントにいるの?~ローカル妖怪一反木綿の全国進出~

怖い雑学【聞くトリビア 読む編part.20】

閲覧数:
550views
太陽系

太陽系の惑星のうち、一番傾いているのは?

閲覧数:
370views

お菓子の雑学【聞くトリビア第18話 読む編】

閲覧数:
270views

「人生の糧になる名言」100選【偉人たちの名言雑学集】

閲覧数:
260views
十二単

平安時代ってどんな布団で寝ていたの?

閲覧数:
210views

宇宙の雑学【聞くトリビア 読む編part.19】

閲覧数:
210views

モミジDr.のリカバリー日記 第292回「爪」

モミジDr.のリカバリー日記

閲覧数:
190views

六道の「天道」に生まれるのが良くないのは何故?

閲覧数:
150views

モミジDr.のリカバリー日記 第294回「ペンギン」

モミジDr.のリカバリー日記

閲覧数:
140views

富士山より高い日本一の山があった?

閲覧数:
120views

富士山は何県にある?

閲覧数:
120views

モミジDr.のリカバリー日記 第290回「指輪」

モミジDr.のリカバリー日記

閲覧数:
120views

モミジDr.のリカバリー日記 第291回「実験器具」

モミジDr.のリカバリー日記

閲覧数:
120views

清少納言と紫式部はなぜライバルと言われるのか?

閲覧数:
110views

モミジDr.のリカバリー日記 第293回「アイヌ語」

モミジDr.のリカバリー日記

閲覧数:
110views
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP