よみもの|雑学記事|エンタメ・カルチャー

美術館や博物館の祖「驚異の部屋」で使われた意外な分類システムは?

ルネサンス期〜18世紀初頭くらいのヨーロッパでは、君主を始めとする支配者層の人々(後には、富裕な市民階級の知識人も参入する)の間で「驚異の部屋(ドイツ語で「ヴンダーカンマー」とも)」を作るのが流行していました。

 

この「驚異の部屋」とは、国内外の様々な動植物の標本や化石・鉱物などの標本、当時の最新式のテクノロジーを使った道具、古今の美術品や工芸品などのコレクションを収蔵する部屋や建物のことであり、後の美術館や博物館のはしりともいうべき存在でした。

実際、イタリアのフィレンツェにあるウフィツィ美術館やイギリスのロンドンにある大英博物館などは、本来コレクターのプライベートな空間だった「驚異の部屋」を少しずつではあるが他の人々にも公開するようになったのを母体としています。

 

ところでこの「驚異の部屋」は、学問や芸術には“素人”な上流層の人々や、そもそも“未発達”な当時の学問や芸術を拠り所としていた知識人が自分(たち)の興味関心の赴くままに様々な資料や機器、芸術品を無秩序に収集・陳列あるいは収納したものであるとよくいわれてきました。

ウィキペディアの「驚異の部屋」の項目にも、「自然物も人工物も珍しいものなら分野を隔てず一所に取り集められるのが特徴」だというくだりがあります。

 

しかしながら、近年にはそうした一見無秩序に思える収集・陳列及び収納には、あくまで当時なりのではありますが、実は学問的な知見に基づいた分類システムが使われていたケースもあることがわかってきました。

例えば先に少々触れた、ウフィツィ美術館の元になったトスカーナ大公の「驚異の部屋(こちらはイタリア語で「ステュディオーロ」と呼ばれていました)」では、コレクションの一環としての絵画を有効に使った分類がされていました。それはどんな使い方なのかというのが今回の問題ですが、今回は自由形式の回答とします。

 

 

・・・正解は、「特定の具体的なテーマを描いた絵画作品の近くに、そのテーマに関連する資料や機器、工芸品などを配置する」です。

 

より詳しく説明すると、例えば標本や工芸品などのキャビネットを使う収納の場合、そのキャビネットの扉にいわゆる四大元素とされた「火」「水」「土」「大気」などの具体的なテーマ(歴史画や神話画、風景画や当代風俗画(技術や産業に関連する内容)などから、これらと関連の深い画題が選ばれました)の絵を当時の画家に描かせました。

例えば「水」をテーマとする絵の扉の付いた棚には水棲生物の標本や珊瑚・真珠など、「大気」の絵の扉のある棚には様々な鳥の剥製や羽、卵の殻などの標本を収納する、といった分類法です。

 

なお、これらの収納用キャビネットは壁面に埋め込まれるタイプだったので、扉を閉めた状態では壁一面に様々な絵画作品が飾られているように見えたようです(後述するヴェッキオ宮殿内に再構築されたステュディオーロの写真を見ると、壁にも天井にも沢山の絵画作品が飾られているように見え、歴史の古い美術館を連想させます)。

こうした形でコレクションに一応の分類がされていた「驚異の部屋」は、時代が下ると例えば「自然物」はA室、「人工物」はB室というように、次第により専門的に分化した陳列・収納法を取り入れ、現代の博物館や美術館の原形となっていったのでした。

ちなみにトスカーナ大公家のステュディオーロはこうした潮流の中で16世紀末に一度解体されていますが、20世紀に入ってフィレンツェのヴェッキオ宮殿の中に再構築されました。

 

<参考文献>

吉新夕記『美術館とナショナル・アイデンティティー』玉川大学出版部、2014

この記事が気に入ったらシェア!
このエントリーをはてなブックマークに追加
準デジタル・アーキビスト資格所持者
ペットセーバーベーシック・アドバンス資格所持者
せっぱつまりこ

法政大学大学院国際日本学インスティテュート修士課程修了(学術修士の学位有り)。

10代前半から美術史に、1617歳頃から葬儀・埋葬史に強い関心を持つようになるが当時は今と違いSNSやクラウドソーシングが普及しておらず、そうしたことを活かすことができないまま年月を過ごした後ウェブライターとなり、現在ではむしろクイズ原案作者を名乗る。

日本ネットクリエイター協会会員。

クイズに関するニュースやコラムの他、
クイズ「十種競技」を毎日配信しています。
クイズ好きの方はTwitterでフォローをお願いします。

あやかし、もののけ、ホントにいるの?~日本の幽霊のセオリー~

あやかし、もののけ、ホントにいるの?~やまびこ♪ヤッホー!♪~

東南アジアの島国・インドネシアで第2の国歌とも呼ばれている、五輪真弓さんの楽曲は何?

鉄道ダイヤを決める人はなぜ「スジ屋」と呼ばれる?

中山道六十七次のうち、鉄道が併設していない区間は?

あやかし、もののけ、ホントにいるの?~犬だって化けるんです~

大神ゼウス君の世界神話教室 女神のコトならワシに聞け! 第11話

大神ゼウス君の世界神話教室 女神のコトならワシに聞け! 第10話

大神ゼウス君の世界神話教室 女神のコトならワシに聞け! 第9話

あやかし、もののけ、ホントにいるの?~行け行け、ツチノコ!~

大神ゼウス君の世界神話教室 女神のコトならワシに聞け! 第8話

あやかし、もののけ、ホントにいるの?~一つ目小僧は切ない小僧~

大神ゼウス君の世界神話教室 女神のコトならワシに聞け! 第7話

あやかし、もののけ、ホントにいるの?~一攫千金!みんな欲しがるマンドラゴラ~

あやかし、もののけ、ホントにいるの?~唐傘!超有名だけど。その実態は?~

傘応援

ヤクルト名物「傘振り応援」が始まった経緯とは?

閲覧数:
1,360views

富士山は何県にある?

閲覧数:
1,140views

怖い雑学【聞くトリビア 読む編part.20】

閲覧数:
830views

ウィークエンド・シトロン”とは何のお菓子のこと?

閲覧数:
820views
野球

プロ野球の「三冠王」と「トリプルスリー」。達成が困難なのはどっち?

閲覧数:
810views

トランペットにはボタンが3つしか無いのに、どうしてたくさんの種類の音程が出せるの?

閲覧数:
760views

六道の「天道」に生まれるのが良くないのは何故?

閲覧数:
760views

富士山より高い日本一の山があった?

閲覧数:
750views

宇宙の雑学【聞くトリビア 読む編part.19】

閲覧数:
720views

清少納言と紫式部はなぜライバルと言われるのか?

閲覧数:
700views

古代エジプトに「クレオパトラ女王」は……?【イラスト雑学part.26】

閲覧数:
670views

『クイズ王伊沢拓司に挑戦!第3回伊沢杯 presented by知識検定』イベントレポート

閲覧数:
650views

1gで×××円する物質がある。【イラスト雑学part.22】

閲覧数:
640views

天王星や海王星が青っぽく見えるのはなぜ?

閲覧数:
600views
月餅

なぜ中秋節に月餅を食べますか?/为什么中秋节要吃月饼?

閲覧数:
590views
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP